地鎮祭のページロゴ

地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。「鎮」の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります。
工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。
なお、地鎮祭の準備については前のページへ

………このページの内容………
【表紙のページに戻る】
1. 地鎮祭とは 前のページへ
  ・地鎮祭の日取り  ・守り神様
2. 地鎮祭のときに準備するもの 前のページへ
  ・祭壇  ・お供え物
  ・地鎮祭のときに用意するのし袋(初穂料など)
3. 地鎮祭の流れ
  ・地鎮祭の式次第(進行)
  ・地鎮祭の後のご近所への挨拶まわり(地鎮祭の近所への挨拶)
4. 地鎮祭にかかる費用・お金・相場
  ・地鎮祭の初穂料のめやす
  ・地鎮祭の祭壇その他の準備費用
5. 地鎮祭の時の服装
6. 仏式の地鎮祭
7. その他のマナー(お祝い金は必要?地鎮祭は雨でもやる?ほか)

■3.地鎮祭の流れ

通常は神職から全体の段取りについて詳しく説明があります。
下記にご紹介するのは、一般的な地鎮祭の式次第です。
【このページのトップに戻る】
地鎮祭の流れ
・神様に捧げものをし、お祓いや祝詞をあげたあと、施主、施工業者が初めて鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。
全体の所要時間は80分〜100分くらいです。  
式次第 補足説明 司会者
0. 入場および開式の辞
・祭壇や、出席者、参列者のおよその配地図を下記に示します。

・神棚に向かって右側が施主および一般参列者、左側が施工会社、設計、工事関係者です。整然と並び静かに待ちます。
・全員が揃ったところで、司会者が儀式の開始を宣言します。

「ただ今より◯◯家の地鎮祭を執り行います」
「ただ今より◯◯区立◯◯会館の地鎮祭を執り行います」
「これより、◯◯管区◯◯線◯◯工事の着工にあたり、とこしずめのまつりを執り行います」 など。
  祭壇   
  玉串案   
  忌鎌, 忌鍬, 忌鋤
    盛砂 
施工会社, 工事関係者 施主および一般参列者
1. 修跋の儀 (しゅうばつのぎ、しゅばつのぎ)
補足説明 司会者
まずは祭壇、土地、参列者をお浄めします。
・全員起立して拝礼をします。

・神職が御祓詞(はらえことば)を唱えながら、ご神前、工事をする土地および参列者の身を浄めるためのお祓いをします。

・お祓いが終わったら全員着席をします。
「それでは修跋の儀を行います。
全員ご起立下さい」

(神職がお祓いをしている間は、起立した状態で少し頭を下げます)

「ご着席下さい」
2. 降神の儀 (こうしんのぎ)
神様をお迎えします。
・全員起立します。

・神職(斎主)が神様を祭壇にお迎えします。

・神様をお迎えしたら、全員着席をします。
「降神の儀を行います。
全員ご起立下さい」

(神職が神様をお迎えしている間は、起立した状態で少し頭を下げます)

「ご着席下さい」
3. 献饌 (けんせん)
補足説明 司会者
神様にお供え物を差し上げます。

・神職(斎主)が神様にお供え物を差し上げます。

・ 一同、着席したまま静かに待ちます。
「献饌」
4. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
神様に祈りの詞をささげます。
・全員起立します。

・神職(斎主)が神様に工事の安全を祈る祝詞(のりと)を奏上します(読み上げます)。

・祝詞奏上が終わったら、一同着席します。
「祝詞奏上の儀を行います。
全員ご起立下さい」

(神職が祝詞を読み上げている間は、起立した状態で少し頭を下げます)

「ご着席下さい」
5. 切麻散米(きりぬささんまい)
補足説明 司会者
神職が工事を行う土地を清めます。

・神職(斎主)が土地を清めます。

・ 一同、着席したまま静かに待ちます。
「切麻散米」
地鎮祭の流れ(つづき)
6. 地鎮の儀 (じちんのぎ)
補足説明 司会者
その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」、
初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」、
初めて土をならず「土均(つちならし)」と行います。
最後に神職が鎮め物を納めます。


・例えば設計者が「鎌」、施主が「鋤」、施工会社が「鍬」をもちます。
(三者全員がスコップを持つなど、やり方はアレンジが可能です)

・三者が同時に砂に向かう場合と、独りずつする場合とあります。工事の規模や神社によってやり方が多少異なります。

・このあと、神職が鎮め物(しずめもの)を納めます。

※神職が鎮め物を納める間、三者はその場で待ち、儀式が済んだら。三者は自分の席に戻ります。

・他の参列者は、着席したまま静かに見守ります。
「それでは地鎮の儀を行います。
刈り初めは鈴木設計様、
穿ち初めは施主様の佐藤様、
土ならしは高橋建設様にお願いします。」


かけ声をかけますので、土に鍬や鋤を入れてください。それっ『 えい。えい。えい。』。
地鎮祭の流れ(つづき)
式次第 補足説明 司会者
7. 玉串奉奠 (たまぐしほうてん)
※玉串とは、榊(さかき)などの常緑樹の小枝に、紙のヌサ(幣)と言われるもの、または木綿(ユウと言われるもの)をつけ、神前に供えるものです。地鎮祭だけでなく、あらゆる神事に用いられます。葬儀でも仏教における線香の代わりに用いられ、遺族や会葬者によって神前に捧げられます。

※詳細は「玉串料と玉串奉奠」のページをご参照下さい。>>>
玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは神前に玉串を捧げること、謹んで供えることを言います。

・参列者は玉串を受け取り神前に進みます。
1)右手で根元を上からもち、左手で葉の方を下から支えるように持ち、神前に進み一礼します。
2) 玉串を時計回りにし、右手で持っている根元を自分の前に持ってきます。葉の方の左手は神前に差し出すように下から葉を支えます。
3)玉串を額に近づけるように掲げ、工事の無事を祈念します。
4)玉串をもとの高さに下げ、左手で根元の方を持ち、右手で葉の方を持つように、手を持ち替えて更に時計回りにします。
5)根元が祭壇の方を向いたところで、 神前に一歩進み、玉串を胸の高さに掲げ、玉串案にお納めします。
6)一歩下がって二礼二拍手一礼をします。


※玉串奉奠(たまぐしほうてん)については、別ページで画像イラスト入りでご説明しています。玉串料と玉串奉奠へ>>>
「次に玉串奉奠を行います。
まずは施主様の佐藤様、御家族様、次に佐藤設計様、続きまして高橋建設様お願いいたします」
地鎮祭の流れ(つづき)
式次第 補足説明 司会者
8. 撤饌 (てっせん)
お供え物をお下げします。

・神職がお供えものをお下げします。

・参列者は、着席したまま静かに見守ります。
「撤饌」
9. 昇神の儀 (しょうじんのぎ)
補足説明 司会者
神様にお帰りいただきます。
・全員起立して拝礼をします。

・神職が神様に帰っていただくための儀式をします。

・儀式が終わったら全員着席をします。
「それでは昇神の儀を行います。
全員ご起立下さい」

(神職が儀式をしている間は、起立した状態で少し頭を下げます)

「ご着席下さい」
10. 閉式の辞(へいしきのじ)
補足説明 司会者
・地鎮祭の終了を告げます。
・参列者は起立して一礼します。
「以上を持ちまして◯◯家の地鎮祭は滞り無く相済みました。おめでとうございます。」

「これをもちまして◯◯会館の地鎮祭は滞り無く相済みました。皆様おめでとうございます」など。
11. 神酒拝戴 (しんしゅはいたい)
お神酒をいただきます。供え物のお神酒や神饌をいただくという意味で「直会(なおらい)の儀」とも言います。

・用意した湯のみまたは神コップを参列者に手渡し、祭壇にあがっていたお神酒を注ぎます。お神酒が、参列者に行き渡ったら、全員で戴きます。
式典の場合には、神職に乾杯の音頭をお願いすることがあります。
全員にお神酒が行き渡ったら 「それでは◯◯神社神職様のご発声によりお神酒を頂戴いたします」など。
12. その他
(鎮めものは?)(地鎮祭が終わったら?)(近所への挨拶)
1.鎮め物は…地鎮祭で神職が納めた「鎮め物」は、一旦、施工業者に預かってもらい、適当な時期に地中に納めてもらいます。神棚の位置が決まっていれば、その下の地面に。或いは建物の中心になる場所の地面に。いずれにしても水まわりの下になる場所はさけます。

2.地鎮祭が終わったら
(1)お供えしていた塩、酒、米、お神酒を土地の四方の方角の土の上に撒きます。神職にやり方を教わると良いでしょう。
果物や野菜などは施主が頂いて帰ります


(2)地鎮祭のあとの挨拶回り(地鎮祭の近所への挨拶)
地鎮祭の後、周りの住民の方に、手土産品として1,000〜3,000円程度の菓子折りを持ってご挨拶に回ります。できれば施工会社の人と一緒に回ると良いでしょう。

◆挨拶の言葉 例文
「これから工事に入ります。工事の音などでご迷惑をおかけすることがあるかも知れませんが、何卒よろしくお願いします」などときちんとご挨拶を済ませましょう。

地鎮祭のあと、近隣あいさつに持参する菓子折りは、お祝い・ご祝儀の熨斗をつけます。表書きは「御挨拶」で、蝶結びののしを用います。
地域によってはご近所への挨拶回りに持参する手土産の熨斗に「粗品」と書く地域もあるようです。また、概して粗品という表書きは商業施設の建設時などにも良く使われます。

◆留守・不在の時
地鎮祭の挨拶の時にご近所に留守の家があれば、別の日にもう一度御挨拶に伺います。入居時には別途御挨拶することになるのですが、工事では騒音や工事車両の通行などでご迷惑をかける可能性があるため、入居時とは別に必ず事前挨拶をしておきます。
但し、仕事の都合や各家庭の生活リズムの都合などでどうしても御挨拶ができないことがあります。現場を取り仕切る施工会社の人に代理で挨拶をして頂くよう頼むケースもあります。施工会社に相談してみましょう。
最終手段としては、御挨拶の一筆を添えた挨拶品をドアノブにかけておく形となりますが、引越し時に再度挨拶に伺う旨を書き添えておくようにします。なお、長期不在の可能性がある場合の挨拶品は食品以外のものにします。

◆どこまで挨拶するか
「建設予定地の周辺で、騒音や工事車両の出入りなどで迷惑がかかりそうな範囲」に挨拶をします。
工事予定地が狭い路地の突き当たりにある、といった場合には路地に面した近隣各戸に挨拶をした方が良いでしょう。
 一般的な近所づきあいの基本として「向こう三軒両隣」という言葉があります。
自分の家の正面(お向かいの家)とその左右の家を加えた三件が向こう三軒。
両隣は、自分の家の右隣と左隣。
これは最少限ですが、後方も三軒両隣が必要でしょう。
つまり、自分の家を中心にして全方位御挨拶をします。
 地域によっては、町内会の同じ組・班の組長さんや班長さんに御挨拶をすることもあります。

■4.地鎮祭にかかる費用・お金・相場

地鎮祭に必要な費用としては、神職に支払う費用と、祭壇その他の準備費用、ならびにお供え物の費用があります。
【このページのトップに戻る】
地鎮祭に必要な費用
項目 説明
・初穂料、または玉串料など
神職に支払う 神職に支払うお礼、謝礼の表書きを「御初穂料」「御神饌料」「御玉串料」と書くことから、地鎮祭の謝礼の事を初穂料と言います。

初穂料の目安としては、個人が支払う場合2〜5万円くらいが相場です。
・お車代
神職に支払う

神職が自分の車や原付(原動機付き自転車)などで来られる場合、白封筒に「お車代」として、5千円〜1万円くらいを包んだものをお渡しします。
・祭壇その他準備費用
施工業者に支払う 祭壇その他の準備は施工業者に一任することが多いようです。
1万円〜5万円くらい。テントなどを設営してもらうと更に金額が上がります。
個人の自宅の地鎮祭の場合、一式を神社で借りる方が安くあがることもあります。
・お供え物関係の費用
自分で用意する 米や塩などのお供え物やお神酒、湯呑みまたは紙コップなどを用意するのにかかる実費です。

5.地鎮祭の時の服装

地鎮祭は正装で出席する場合が多いようです。個人宅の場合はそこまで服装にこだわりませんので、基本的には施主が自由に決めることになります。しかし神様にお祈りする神聖な儀式という前提で節度ある服装を選ぶ方が良いでしょう。心配な場合は、事前に施工会社と相談することをおすすめします。
【このページのトップに戻る】
地鎮祭の服装
項目 説明
・施主の服装
  スーツ
神様をお迎えする儀式なので、基本的にはきちんとした服装で出席します。ネクタイ着用が基本です。

ただし、個人宅の場合にはそこまでこだわりません。事前に施工業者と御相談下さい。

学生の場合は制服で良いと思います。
・施工会社の服装
  スーツや制服
スーツが望ましいのですが、工事業者の場合作業着で出席することも多いようです。制服は正装として認められています。

6,仏式の地鎮祭

日本では地鎮祭は神道・神式で行われる場合が大半ですが、まれに仏式で行うこともあります。
仏式の場合には、地鎮法、地祭り、地堅めの法などと呼ばれ、宗派により異なる本尊(例えば、地の神や地天など)を拝し、土地を清めたり鎮霊などを行います。

儀式の流れは(それぞれの呼び名が異なりますが)、神式とあまり変わりません。神道の玉串奉奠や拍手の代わりに焼香および拍掌となります。

代表的な仏式の地鎮祭(地鎮法、地祭り、地堅め)の流れ
下記は参考例として静岡県での例を紹介します。ほとんど神式のものと流れは同じです。宗派によっても異なるので、仏壇のしつらえ方などは必ずお寺に確認しましょう。

0. 仏式の祭壇(仏壇)を用意し、お供えものをします。

1. 僧侶が、仏壇と出席者を清めます。
2. 仏様をお招きします。
3. 施主名、土地、施工者名を仏様にお知らせし、土地を使うお許しを頂くとともに工事の安全を祈ります。
4. 僧侶が土地を清めます。
5. 施主、施工者が土地に「鎌」や「鍬」を入れます。
例えば設計者が「鎌」、施主が「鋤」、施工会社が「鍬」を持つ、あるいは三者全員がスコップを持つなど、やり方はアレンジが可能です
6. 出席者が順に焼香し拍掌します(まずは施主、その家族、次に設計者、施工会社の準に行います)。
神式の玉串奉奠の代わりとなるものです。神式では神前で神様に祈る際の振る舞いとして「二礼二拍手一礼」がありますが、仏式では拍手の代わりに拍掌が行われ、「一礼、拍掌、一礼」などが行われます。
拍掌は両手を合わせることですが、宗派によってやり方は様々で、例えばトータル三回のうち、最初の二回は音を出さずに手を合わせ、最後の一度だけ音が出るように手を合わせる、などがあります(読み方=はくしょう。びゃくしょう)
7. 仏様にお帰り頂き、乾杯をし、お下がり物を皆で頂きます。

■7.その他

[地鎮祭の時のお祝いについて]
地鎮祭が行われる時に、親族や友人、あるいは取引先がお祝いをあげる必要があるのでしょうか?との質問を頂きました。
答えは「あげる必要はありません」です。地鎮祭は土地の神様に工事の安全を祈願するための神事です。お祝いをあげたいという場合には、建物が完成してから新築祝いをあげると良いでしょう。

※上記は一般的な考え方です。地方によっては慣習が異なりますので、地元の年配の方にお聞きすると良いでしょう。

[地鎮祭をやる・やらない]
地鎮祭は、すべての建築物や建造物(新築)を建てる人が必ずやらなくてはならないというものではありません。工務店・建設会社と相談の上で、やる・やらないは施主が自由に決めることができます。
ただ地鎮祭は施主、建設会社、作業員が一同に顔を合わせて工事の無事や家・建物の安全、繁栄を祈ることで気持ちが引き締まり、厳粛な気持ちを共有できる機会でもあります。精神的な意味でも一つの節目となるものです。地方によっては9割以上が地鎮祭を行います。

[地鎮祭をやらない代わりに、儀式としてのお祓い]
なお、新築する前に行われる地鎮祭に代わるものとして、新しくマンションを購入したり、新築戸建てを購入した場合や、中古物件を購入したり、引越ししたりする際に「お祓い」を行うこともあります。神社に問い合わせてみましょう。
※地方によって異なります。
[地鎮祭は雨でもやる]

地鎮祭を予定しているのに天気予報が雨というケースもよくあります。普通は工事業者がテントの準備をして、予定通り地鎮祭を行います。
「雨降って地固まる」とされ、縁起が良いとも言われます。
ただし、儀式の長さや内容などは神職や工事関係者と相談の上、変更もしくは簡略化されることもあります。
 なお、上記は小雨〜通常の雨量程度の場合のケース。あまりにも悪天候(台風直撃や災害が想定されるほどの雨量など)の予報が出ている場合には、日程をずらしたり儀式の場所を(例えば神社などに)移すこともあります。 地鎮祭の本来の目的はその土地を守る氏神様に工事の安全や家・建物の繁栄を祈る儀式です。その趣旨を大切にした上で、どのように地の神様にお願いをするのが良いのか神職と相談しましょう。

【このページのトップに戻る】
1. 地鎮祭とは 前のページへ
  ・地鎮祭の日取り  ・守り神様
2. 地鎮祭のときに準備するもの 前のページへ
  ・祭壇  ・お供え物
  ・地鎮祭のときに用意するのし袋(初穂料など)
【表紙のページに戻る】