長寿祝いメッセージカード

長寿祝いの電報のメッセージ、メッセージカードのページ。
長寿祝いには、還暦、古稀、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿などの名称があります。このページでは長寿祝の名称と読み方、ご長寿のお祝いに贈るメッセージカードの文例をご紹介しています。孫からおじいちゃんおばあちゃんへ、子供から両親へのメッセージ例文です。
メッセージカードはぜひ贈り物に添えてご利用下さい。
………このページの内容………
長寿祝いの名称とその由来
長寿祝いのメッセージカードの文例、例文
  ※敬老の日のページはこちら>>>

■ 長寿祝いの名称とその由来

長寿お祝いは、昔から数え年の誕生日に祝うものでしたが、最近では満年齢で祝う人も増えているようです。
ただし、還暦祝いだけは必ず満60歳、数え年61歳でお祝いします。
長寿祝いの名称と由来
数え年齢 名称 よみかた 由来
61歳 還暦 かんれき 生まれた年の干支にもどることから。
(満60歳で祝う)
70歳 古稀(古希) こき 唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。
77歳 喜寿 きじゅ 「喜」のくずし字の、七を3つ重ねた形から。
80歳 傘寿 さんじゅ 「傘」のくずし字の、八と十を重ねた形から。
88歳 米寿 べいじゅ 「米」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。
90歳 卒寿 そつじゅ 「卒」のくずし字「卆」が九十と読めることから。
99歳 白寿 はくじゅ 「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので。
100歳 紀寿 きじゅ 100年=一世紀を表わす「紀」から。
108歳 茶寿 ちゃじゅ 「茶」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。
111歳 皇寿 こうじゅ

「皇」は「白」と「王」にわかれる。
「白」は、「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので99歳を表わし、「王」は「十」と「二」に分けることができる。
ゆえに「白」(99歳)+ 「十」「二」で111歳。

■ 長寿祝いのメッセージカードの文例集(言葉・書き方・例文・例・雛形・文章)

◎プレゼントに添えたり、花束に添えたりすると一層気持ちが伝わると思います。 文中の還暦、古稀、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿を書きかえてご利用ください。
長寿祝いメッセージカード文例
孫からおじいちゃん、おばあちゃんへ
 

おじいちゃんへ。
いつまでも元気で長生きしてください。

おばあちゃん。
還暦おめでとう。
いつまでも今のままの素敵なおばあちゃんでいて下さい。
子供から両親へ、孫から祖父母へ、職場で、など
還暦のお祝いを申し上げます。
いつまでもお元気で、僕たち(私たち)を見守っていてください。

いつもわがままばかりでごめんなさい。
これからも元気で長生きしてください。

還暦おめでとうございます。
どうぞお体を大切にいつまでも長生きしてください。
還暦おめでとうございます。
夏休みには色々とお世話になりました。
何よりも子供達が大喜びでした。
これからもお体に気を付けて、お元気でいらして下さい。
つつがなく◯◯(例:古稀)を迎えられましたことを心よりお慶び申し上げます。
いつまでもお健やかでいらっしゃいますよう、お祈り申し上げます。
おやじへ。還暦おめでとう。
まだまだ若いと思っていたので、むしろビックリしました。
これからもまだまだ面倒をおかけしますが、宜しくお願いします。
身体に気をつけて、元気で長生きしてください。
つつがなく◯◯(例:喜寿)をお迎えの由、心よりお慶び申し上げます。
お祝いに心ばかりの品を贈ります。
どうぞこれからもお体を大切に
いつまでもお元気でいて下さい。
長寿祝いメッセージカード文例(つづき)
◯◯(例:喜寿)のお祝いを申し上げます。
これからはあまり無理をしないで、いつまでも元気で長生きしてください。
謹んで還暦のお祝いを申し上げます。
これからもお体を大切にどうぞご活躍下さい。
ますますのご健勝をお祈りいたします。
還暦おめでとうございます。
ますます精力的で若々しい素敵な先輩でいて下さい。
つつがなく古希を迎えられましたことを、心よりお祝い申し上げます。
昔と違って現代では70歳はまだまだお若いですよね。
どうぞこれからもお体を大切にいつまでもお元気でいて下さい。

◯◯(例/米寿)おめでとう。
健康に留意して
いつまでも元気でいて下さい。

◯◯(例/傘寿)おめでとうございます。
好きなものを食べて、好きなお酒を飲んで、好きな旅行をして、
ますます意気軒高。実にうらやましい限りです。
これからもいつまでもお元気でいて下さい。
◯◯(例/古稀)のお祝いを申し上げます。
これからは少しは健康に注意して、
元気で長生きして下さい。
家族全員より◯◯のお祝いを申し上げます。
これからもますます頑固で、厳しいおじいちゃんでいて下さい。
みんなおじいちゃんが大好きです。
文中の還暦、古稀、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿を書きかえてご利用ください。
▲PAGE TOP  △HOME