9月のイメージ 9月時候の挨拶

9月の季節の挨拶のページ。季節の言葉/季節の挨拶の言葉とは、手紙やはがきの書き出しや、メールの冒頭に使われる時候の挨拶をさし、ビジネス文書の冒頭などにも用います。九月の季節の言葉の例・文例集(上旬・中旬・下旬)を掲載します。
なお、合わせて季語も紹介します。(季語は俳句の中でその季節を表す言葉として用いられるもので、俳句には必ず盛り込むこととされています)
「9月」のページの内容
1.「九月」の時期について(旧暦と新暦)
2.九月の時候の挨拶/季節の挨拶の文例・例文
3.参考情報「季語」について

1.「九月」の時期について(旧暦と新暦)

 現在、日本では新暦(グレゴリオ暦)が使われていますが、季節の挨拶には、旧暦から来るものや二十四節気から来るものがあります。
 ここでは、現在の9月が旧暦のいつにあたるのか、また二十四節気の中ではどれが9月に該当するのかについて説明します。
(1)9月とはどんな季節?
・二十四節気では
(※二十四節気をすべて見る>>
白露(はくろ)…二十四節気のひとつ。現在の9月8日頃のこと(※その年によって異なる)。
この頃から秋の気配が感じられるようになる とされる。
秋分(しゅうぶん)…二十四節気のひとつ。現在の9月23日頃のこと(※その年によって異なる)。
この日は昼と夜の長さがほぼ等しいとされる。お彼岸の中日でもある
・旧暦では 新暦2017年の9月1日は…旧暦では7月19日頃となる。
新暦2017年の10月13日が、旧暦では9月1日
新暦2018年の9月1日は…旧暦では7月22日頃となる。
新暦2018年の10月09日が、旧暦では9月1日
新暦2019年の9月1日は…旧暦では8月3日頃となる。
新暦2019年の9月29日が、旧暦では9月1日
(2)9月にまつわる言葉
二百十日(にひゃくとおか)、……立春から210日目をさし、9月1日ころとされる。
二百二十日(にひゃくはつか) ……立春から220日目をさし、9月11日ころとされる。
稲が開花する頃であり、台風襲来の時期とされる。
野分(のわけ。のわき)………主に上記の時期の台風、暴風をさす。
長月(ながつき)………陰暦の9月のこと。
仲秋(ちゅうしゅう)………陰暦の8月のこと。現代では白露(9月8日)の頃から寒露の前日の頃まで。

2.九月の時候の挨拶/季節の挨拶の文例・例文
(「白露の候」などのように、〜の候をつけて使えます)

・それでは、手紙やはがきをはじめメール、ビジネス文書などに使える季節の挨拶/時候の挨拶を紹介します。
 年によって暑さ寒さなどの気候が異なります。台風が多い9月もあれば上旬まで暑い9月もあります。その時の季節感、実際の感覚に応じて季節の挨拶を使い分けて下さい。
9月に使う時候の挨拶
9月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文
・初秋
  ・初秋(読み方=しょしゅう)
・秋の気配が感じられる頃に用います。
[個人あて文例]
・拝啓 初秋の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

[ビジネス文書では]
・拝啓 初秋の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。

【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。
親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。
親しい相手への結びの例としては
「取り急ぎ近況報告まで。」
「取り急ぎお知らせまで。」
「取り急ぎお見舞い申し上げます。」
「またお会いしましょう。お元気で。」など
・白露
  ・白露(読み方=はくろ)
・9月8日頃をさします。白露は、二十四節気のひとつ。
この頃になると秋の気配が感じられるとされます。
[9月8日頃に]
[個人あての例文]

・拝啓 白露を過ぎ朝夕に秋の気配を感じる頃となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

[ビジネス文書では]
・拝啓 白露の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
9月に使う時候の挨拶(つづき)
9月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文
・野分
  ・野分(読み方=のわけ。のわき。)
・9月上旬から中旬頃の台風、暴風をさします。秋の季語ともなっています。
[9月上旬、中旬]
・野分の候 いかがおすごしでしょうか。

【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。
親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。
親しい相手への結びの例としては
「取り急ぎ近況報告まで。」
「取り急ぎお知らせまで。」
「取り急ぎお見舞い申し上げます。」
「またお会いしましょう。お元気で。」など
・秋分
  ・秋分(読み方=しゅうぶん)
・9月23日頃をさします。秋分は、二十四節気のひとつ。
この頃になると秋の気配が感じられるとされます。
[個人あて文例]
・拝啓 秋分を迎え、吹く風もすっかり秋めいてまいりました。
・実りの秋
・読書の秋
・芸術の秋
など
・秋の形容詞として秋のシーズン全般に使えます。 [9月全般に使える文例]
[個人あて文例]

・拝啓 実りの秋を迎えました。お元気でお過ごしでしょうか。
9月に使う時候の挨拶(つづき)
九月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文
・彼岸花
  ・彼岸花(読み方=ひがんばな)
・秋分は秋の彼岸の中日です。彼岸花はこの時期の季節を表わす花として用いられます。
[9月中旬、下旬の文例]
[個人あて文例]

・彼岸花が咲き乱れる頃となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

・畦道の彼岸花が目に鮮やかです。いかがおすごしでしょうか。

【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。
親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。
親しい相手への結びの例としては
「取り急ぎ近況報告まで。」
「取り急ぎお知らせまで。」
「取り急ぎお見舞い申し上げます。」
「またお会いしましょう。お元気で。」など
・秋涼
  ・秋涼(読み方=しゅうりょう)
・秋らしくなったことを表現することばです。9月全般に使えます。
[個人あて文例]
・拝啓 秋涼の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

[ビジネス文書では]
・秋涼の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。

3.参考情報「季語」について
(「白露の候」などのように、〜の候をつけて使えます)

下記に季語についてご説明いたします。
ちなみに旧暦の9月は、ほぼ新暦の10月にあたり(その年によって少しずつ異なりますが)秋の季語となります。
1. ・季語とは、俳句の中で、その季節を表わすことばとして用いられるものをさします。俳句を作る際には、必ずもり込むこととされています。季題と呼ばれることもあります。
2. ・季語は1つの俳句に1つだけしか用いません。季語を2つ以上用いることを、季語を重ねる、季重ね、季語重ねなどと言います。
3. ・季語をもりこまない俳句のことを、無季俳句と呼びます。また、川柳のように、世相を風刺的に表わしたり批評したりするものには、季語は不要とされています。
4. 連歌や俳諧でも季の詞(きのことば)、四季の詞という形で用いられることばがあります。
※なお、手紙の冒頭部分に用いられる季節の言葉は「時候の挨拶」と言い、俳句で言う季語とは区別されます。
季語の一部を下記に紹介します。
(新暦と旧暦とがありますがどちらもほぼ秋の季節に該当するため、秋の季語の一部を掲載します)
なお季語については、別ページでもっと詳しく紹介しています>>>
▲PAGE TOP
分類 秋の季語の例
(秋の季語を紹介します。9月以外のものも含まれますので注意して下さい。)
時候 初秋、仲秋、秋深し、秋の夜、白露、長月、行く秋、文月、稲刈時、残暑、秋惜しむ、晩秋、秋の暮、秋の夜、など
天文 菊日和、秋時雨、星月夜、流星、稲妻、十六夜、鰯雲(いわしぐも)、秋雨、秋時雨、天高し、天の川、名月、秋風、など
地理 山粧う、秋の野、野山の錦、不知火、枯野の色、秋の田、刈田、秋の川、盆波、秋出水、落し水、秋の浜、など
人事 秋の服、灯火親しむ、秋の宿、秋団扇、菊枕、菊人形、夜なべ、月見、紅葉狩、芋煮会、牽牛、織女、稲刈、など
行事 風の盆、おくんち、赤い羽、時代祭、万聖節、敬老の日、運動会、盆踊り、墓参り、七夕、十五夜、、迎え火、秋彼岸、など
忌日 乃木祭、道元忌、太閤忌、広重忌、芭蕉忌、紅葉忌、など
動物 雁、蛇穴に入る、蜻蛉(とんぼ)、白鳥渡る、百舌、鹿、猪、落鮎、秋刀魚、太刀魚、初鮭、秋鯖、など
植物 紅葉、落葉、彼岸花、桔梗、コスモス、鶏頭、菊、栗、萩、芋、彼岸花、など
食物 山葡萄、里芋、秋茄子、柚子味噌、松茸飯、林檎、薩摩芋、西瓜、とうもろこし、柿、など