5月のイメージ 5月時候の挨拶

5月の季節の挨拶のページ。季節の言葉/季節の挨拶の言葉とは、手紙やはがきの書き出しや、メールの冒頭に使われる時候の挨拶をさし、ビジネス文書の冒頭などにも用います。五月の季節の言葉の例・文例集(上旬・中旬・下旬)を掲載します。

なお、旧暦の5月と新暦の5月では時期が若干異なります。両方の時期についても合わせて解説します。

「5月」のページの内容
1.「五月」の時期について(旧暦と新暦)
2.五月の時候の挨拶/季節の挨拶の文例・例文
3.参考情報「季語」について

1.「五月」の時期について(旧暦と新暦)

 現在、日本では新暦(グレゴリオ暦)が使われていますが、季節の挨拶には、旧暦から来るものや二十四節気から来るものがあります。
 ここでは、現在の5月が旧暦のいつにあたるのか、また二十四節気の中ではどれが5月に該当するのかについて説明します。
(1)5月とはどんな季節?
・二十四節気では
(※二十四節気をすべて見る>>
立夏(りっか)…二十四節気のひとつ。現在の5月6日頃のこと(※その年によって異なる)。
この日から暦の上では夏が始まるとされる。
小満(しょうまん)…二十四節気のひとつ。現在の5月21日頃のこと(※その年によって異なる)。
この頃になると草木をはじめ万物が満ちあふれるとされる。
・旧暦では 新暦2017年の5月1日は…旧暦では4月6日頃となる。
新暦2017年の5月26日が、旧暦では5月1日
新暦2018年の5月1日は…旧暦では3月16日頃となる。
新暦2018年の5月15日が、旧暦では5月1日
新暦2019年の5月1日は…旧暦では3月27日頃となる。
新暦2019年の6月3日が、旧暦では5月1日
(2)5月にまつわる言葉
五月(さつき)…陰暦の5月のこと。皐月、早月と表記することもある。
五月晴れ(さつきばれ)…陰暦の5月の晴天。陰暦5月の気持ちよく晴れわたった空のこと。
陰暦の5月は現在の6月頃にあたので注意が必要。例えば梅雨の合い間の晴天などもさす言葉である。(上記(1)参照)
だが、現代では新暦の5月においても用いられることも多くなっている。
端午の節句(たんごのせっく)…端午は五節句のひとつ。現在では5月5日に子どもの健やかな成長を願う儀式となっている。鯉幟(こいのぼり)や兜(かぶと)などを飾り、粽(ちまき)、柏餅(かしわもち)を食べる。

2.五月の時候の挨拶/季節の挨拶の文例・例文
(「新緑の候」などのように、〜の候をつけて使えます)

・それでは、手紙やはがきをはじめメール、ビジネス文書などに使える季節の挨拶/時候の挨拶を紹介します。
 年によって暑さ寒さなどの気候が異なります。晴天が続く連休の頃の天候、あるいは涼しくしのぎやすい5月もあれば、蒸し暑い5月もあります。 その時の季節感、実際の感覚に応じて季節の挨拶を使い分けて下さい。
5月に使う時候の挨拶
5月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文
・新緑
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・草木の芽が芽吹く季節として用います。 [5月上旬、中旬、下旬]
[個人あての例文]

・拝啓 新緑がまぶしい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。

[ビジネス文書では]
・拝啓 新緑の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。

【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。
親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。
親しい相手への結びの例としては
「取り急ぎ近況報告まで。」
「取り急ぎお知らせまで。」
「取り急ぎお見舞い申し上げます。」
「またお会いしましょう。お元気で。」など
・薫風 ・風香る ・風薫る
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・そよ風も若葉や花々の香りに満ちあふれる季節であることを表わします。 [5月上旬、中旬、下旬]
[個人あての例文]

・拝啓 風薫る季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。

[ビジネス文書では]
・拝啓 薫風の候 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。
親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。
親しい相手への結びの例としては
「取り急ぎ近況報告まで。」
「取り急ぎお知らせまで。」
「取り急ぎお見舞い申し上げます。」
「またお会いしましょう。お元気で。」など
・青葉 ・若葉
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・草木の芽が芽吹く季節として用います。 [5月上旬、中旬、下旬]
[個人あての例文]

・拝啓 青葉が美しい季節となりました。お元気でお過ごしでしょうか。

[ビジネス文書では]
・青葉の候 貴社におかれましては益々御清祥の段、心よりお慶び申し上げます。

・若葉の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・立夏
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・5月6日頃をさします。立夏は、二十四節気のひとつ。
この日から夏になることを意味します。
[5月6日頃に]
[個人あて文例]

・暦の上では夏となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

・立夏を過ぎ 陽射しの中にも夏の気配が感じられます。

[ビジネス文書では]
・立夏の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
5月に使う時候の挨拶(つづき)

五月を表わす言葉

解説 挨拶文書き方文例・例文
・新茶
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・ちょうど5月の上旬が新茶の季節です。 ・各地で新茶の便りが聞かれる頃となりました。お元気でお過ごしでしょうか。
・八十八夜
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・八十八夜もこの時期です。立春を1日目として88日目とされます(年によって異なりますが5月2日頃です)

この日に摘んだお茶を飲むと長生きするといういわれがあります。
・八十八夜も過ぎ、穏やかな陽射しの日が続いています。

・八十八夜過ぎの遅霜に季節も足踏みをしているようです。お変わりなくお過ごしでしょうか。

【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。
親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。
親しい相手への結びの例としては
「取り急ぎ近況報告まで。」
「取り急ぎお知らせまで。」
「取り急ぎお見舞い申し上げます。」
「またお会いしましょう。お元気で。」など
・端午 ・鯉幟 ・鯉のぼり
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・5月5日頃に用います。 [5月初旬の文例]
・青空に鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいます。お元気でお過ごしでしょうか。

・五月晴れ
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・陰暦の5月の晴天をさします。本来、陰暦の5月は現在の6月頃にあたので注意が必要。例えば梅雨の合い間の晴天などもさす言葉である。

だが、現代では新暦の5月においても用いられることも多くなっている。
(※注意。左記参照のこと)
・五月晴れの空に木々の緑が美しい季節となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。
・小満
  解説 挨拶文書き方文例・例文
・5月21日頃をさします。小満は、二十四節気のひとつ。
この頃から草木をはじめ、万物が天地に溢れることをさします。
[個人あて文例]
・小満を迎えいよいよ夏が近く感じられる頃となりました。お元気でいらっしゃいますでしょうか。
▲PAGE TOP

3.参考情報「季語」について
(「新緑の候」などのように、〜の候をつけて使えます)

下記に季語についてご説明いたします。
ちなみに旧暦の5月は、ほぼ新暦の6月にあたり(その年によって少しずつ異なりますが)季語は夏のものになります。
1. 季語とは、俳句の中で、その季節を表わすことばとして用いられるものをさします。俳句を作る際には、必ずもり込むこととされています。季題と呼ばれることもあります。
 
2. 季語は1つの俳句に1つだけしか用いません。季語を2つ以上用いることを、季語を重ねる、季重ね、季語重ねなどと言います。
3. 季語をもりこまない俳句のことを、無季俳句と呼びます。また、川柳のように、世相を風刺的に表わしたり批評したりするものには、季語は不要とされています。
4. 連歌や俳諧でも季の詞(きのことば)、四季の詞という形で用いられることばがあります。
※なお、手紙の冒頭部分に用いられる季節の言葉は「時候の挨拶」と言い、季語とは区別されます。
季語の一部を下記に紹介します。
(新暦と旧暦とがあり、新暦では春、旧暦では夏の季節に該当するため、春と夏の季語の一部を掲載します)
なお季語については、別ページでもっと詳しく紹介しています>>
分類 春の季語の例
時候 春寒し、木の芽時、春の宵、春深し、弥生、仲春、彼岸、啓蟄、など
天文 春風、春雨、菜種梅雨、蜃気楼、花曇(はなぐもり)、おぼろ月、かすみ、花冷え、余寒、春一番、など
地理 焼山、雪解、春の田、水温む、春の川、春の波、菫野、雪崩、山笑う、残雪、水温む(みずぬるむ)、など
人事 針供養、卒業、入学、雛遊(ひなあそび)、花見、梅見、雛流し、朝寝、新入社員、潮干狩り、朝寝、野焼き、など
宗教 靖国祭、十三詣り、御水取、義士祭、神武天皇祭、伊勢参、薪能、聖母祭、西行忌、兼好忌、春祭、など
動物 燕(つばめ)、春の駒、蛙(かわず)、鰆(さわら)、蛤、うぐいす、蝶、蜂、ひばり、若鮎、桜貝、たにし、蛇穴を出ず、馬の仔、など
植物 梅、桃の花、桜、椿、ライラック、林檎の花、藤、たんぽぽ、土筆(つくし)、若草、菜の花、よもぎ、草の芽、芽吹く、木の芽、など
分類 夏の季語の例
時候 立夏、小暑、晩夏、夏の夕、秋近し、土用、卯月、入梅、梅雨寒、梅雨明け、半夏生、夏の宵、麦の秋、など
天文 五月雲、風薫る、土用東風、夏の雲、梅雨空、朝凪、炎天、日陰、南風、逃げ水、遠雷、白南風(しらはえ)、虹、梅雨、など
地理 山滴る、夏野、赤富士、植田、土用波、清水、五月山、夏の海、青田、卯月野、など
人事 行水、鯉のぼり、衣替え、花火、日傘、風鈴、吹き流し、虫干し、菖蒲湯、暑中見舞い、林間学校、浴衣、水玉、蜜柑水、麦刈り、金魚鉢、夏帽子、団扇、サンダル、帰省、など
行事 母の日、葵祭、夏場所、子どもの日、武者人形、山開き、川開き、富士詣、など
忌日 桜桃忌、晶子忌、朔太郎忌、扶美子忌、鴎外忌、など
動物 初鰹、ほととぎす、金魚、かぶと虫、鮎、うなぎ、蝉(せみ)、雨蛙、ががんぼ、蛍、蝸牛(かたつむり)、蟻、など
植物 青葉、若葉、若竹、夏草、朝顔、向日葵、葉桜、菖蒲、若葉、早苗、あやめ、百合、牡丹、筍、など
食物 夏大根、ビール、氷水、ラムネ、鮎、鰹、さくらんぼ、土用鰻、トマト、など