面接対策

面接対策のページ。就職試験においては、ほぼ100%、何かの形で面接が行なわれます。履歴書や職務経歴書といった書類上だけではわからない「受験者の人となりや人柄の一面」を見るためのものです。
  更に、就職試験だけではなく、高校や大学入試、更には大学院入試などにおいても面接試験を導入する学校が増えてきました。このページでは、就活中の皆さんと受験生の皆さんのために、一般的な面接試験の対策と、二次面接対策、最終面接対策についてご説明します。
…… このページの内容 ……
面接とは?
 (面接試験の種類、面接試験の重要性)
面接の対策 
 (就職面接、入試面接)
面接の服装とマナー
グループ面接について
個人面接について
面接でよく出る質問

■ 面接とは?

ここでいう面接とは、就職試験・採用試験や高校入試・大学入試などの時に行なわれる面接試験のことをさします。
 面接は、グループ面接と個人面接とに分けられます。(一次選考、二次選考など、数次にわたる選考が行なわれるような場合には)グループ面接は初期の専攻に近い部分で実施され、最終選考に近いものは、役員面接、個人面接である場合が大半です。また、グループ面接に関しては実施されない場合もあります。

▲PAGE TOP

面接試験の種類
1.グループ面接
・同時に数人の面接試験を行ないます。応募者数人に対し、面接官も数人で実施します。

・選考の初期段階(例えば一次選考など)で実施されることが多い面接です。こうした場合には人数を絞ることを目的にしている可能性が高いものです。面接官に好印象を持ってもらうこと及び印象に残ることが大切です。
2.個人面接
・応募者(求職者)1名に対し、面接官1名〜数名で面接を実施します。

・選考の終盤(例えば最終選考など)で実施されることが多い面接です。場合によってはグループ面接を行なわず個人面接だけという場合もあります。積極性や熱意をアピールすることが大切です。
面接試験の重要性
1.マナーや態度のチェック
企業人として、また社会人としてふさわしい礼儀、マナー、態度が身に付いているのかをチェックします。
2.熱意、人柄のチェック
仕事に対する熱意、情熱、やる気について、質問を通 して判断します。
また、書類だけではわからない“人柄 ”の部分についても面談を通じて理解しようとします。

■ 面接の対策

それでは実際に、就職面接、入学試験の面接などについて対策を考えてみましょう。
▲PAGE TOP
▼ 就職面接
1.公務員の面接
・公務員試験は、ふつう筆記試験と面接試験からなります。

【公務員試験の面接対策】
・公務員試験では、ふつうの就職試験や入学試験の面接とは異なり、あらかじめ提出する面接カードという書類をもとにして面接試験が行なわれます。

 この、面接カードに記載する内容は、受験する自治体(市区町村)や省庁によって異なります。実際に公務員面接試験当日に質問されることの多い項目が記載されていますので、提出する際にはコピーする等、控えをとっておき、面接試験での答えと辻褄が合うようにします。

・例えば、一例として人事院のホームページに掲載されている国家公務員試験を紹介しますと、国家公務員の試験に合格しても、そのあとで希望する官庁(府省)を訪問し、面接を受ける必要があると記載されています。つまり筆記試験だけでは合格したことにはならないということです。人物考査の手段として面接試験の重要性が高まっています。

・市役所を受験する場合にも面接カードが配られるというのは良く知られているようですが、一次試験の合格者に送られて来たり、2次試験の当日に記入することになっている自治体もあるようです。当日記載の場合には、時間が足りなかったり、記入スペースの大小で困ることのないよう、事前に記入したい内容をある程度まとめておくと良いでしょう。

・上記プラス、事務局オススメの面接対策
  新聞などにマメに目を通しておくことをおすすめします。
2.一般企業での面接
・一般企業での面接試験は、人事担当者による面接だけの場合と、最終面接の形で役員面接や社長面接がある場合があります。(人事担当者による一次面接は「人事面接」などと言われることもあります。)

・面接の手法としては、応募者一名に対して、面接官1名〜数名で行なわれるケースが大半ですが、応募者が多い場合などに「グループ面接」によって候補者を絞り込んだのちに、最終選考に近い段階で「個人面接」を行なうことがあります。グループ面接と個人面接については、このページの下の方で説明しています。

・学校推薦によって新卒の学生が就職試験を受ける場合にも、面接試験は必ず行なわれます。

【一般企業での面接対策】
・自己PR、志望動機などをきちんと頭に入れておく。
・転職者の場合には、これまでの経験や身につけてきたスキルなどを尋ねられるので、できるだけ具体的にかつ明瞭に答えられるようにしておく。
・新卒・就職希望者の場合には、学生時代に学んだことだけでなく、インターンシップやアルバイトの経験を通 して学んだこと、部活動、クラブ活動などにおける経験についても答えに活かすように心掛けると良い。


・上記プラス、事務局オススメの面接対策
  新聞などにマメに目を通しておくことをおすすめします。
 応募する企業のことを事前によく研究しておくこと、その企業が属する業界のことをよく勉強しておくことをおすすめします。


 余談ですが、これから就活をする大学生の皆さんのために、筆者が新卒の時に最終役員面接で質問された内容をご紹介します。筆者が受けた企業では、役員面接は、一次面接の会場とは異なり役員フロアの一室で行なわれ、受験者一名に対して社長をはじめ役員全部で9名くらいいました。自分よりもかなり歳上の、しかも予期せぬ 人数の多さに圧倒されて非常に緊張したのを覚えています。
  筆者が実際に聞かれたのは「氏名、大学名、専攻」「卒論のテーマと概要」、成績証明書を見て「得意な科目と分野・苦手な科目について」「今一番興味を持っていること」などでした。参考になるかどうかわかりませんが、こうした場面を想定した上で最終面接に臨んでみると少しは緊張感が違ってくるかもしれません。ご参考までに。
 
▼ 入試面接
1.高校入試の面接
・高校入試は、筆記試験だけの学校が大半ですが、推薦入試や、中高一貫教育の学校などを中心に小論文と面接試験が増えてきているようです。

【高校入試の面接対策】
・出身中学、氏名、受験番号をはっきり名乗れるようにします。
・これまでの学生生活で力を入れてきたこと、特技、応募動機などをきちんと頭に入れておきます。
・想定される質問に対し、面接官の目を見て答えられるように練習しておきます。
 
※ 面接での質問例についてはこのページの下の方で説明しています。

・上記プラス、事務局オススメの面接対策
  新聞などにマメに目を通しておくことをおすすめします。
2.大学入試の面接
・大学入試は、筆記試験だけの学校が大半ですが、推薦入試や、大学院入試、編入試験などを中心に小論文と面接試験が増えてきているようです。
 一部、グループ面接を取り入れている大学もあるようです。

【大学入試の面接対策】
・出身高校、氏名、受験番号、希望する学部等をはっきり名乗れるようにします。
・これまでの学生生活で力を入れてきたこと、特技、応募動機などをきちんと頭に入れておきます。
・想定される質問に対し、面接官の目を見て答えられるように練習しておきます。
 
※ 面接での質問例についてはこのページの下の方で説明しています。

・上記プラス、事務局オススメの面接対策
  新聞などにマメに目を通しておくことをおすすめします。 ませんが、場面を想定して最終面接に臨んでみると少しは緊張感が違ってくるかもしれません。

■ 面接の服装とマナー

採用面接・就職面接では、その企業や団体の一員としてふさわしい人かどうかを判断されます。社会人としての基本的なマナーや服装も判断材料となります。
▲PAGE TOP
1.最初の印象を大切に

服装やマナーで損をしないようにする。

・グループ面接は、選考の初期段階で行なわれることが多いため、ほんの些細なことで不利な判定をされないように、基本的な身だしなみやマナーなどはきちんと身につけておきます。
1-(1). ビジネスシーンにふさわしい服装かどうか

基本となる服装

  ●スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴を基本にします。

●上着やズボンのしわをチェックし、きちんとアイロンまたはプレスをします。同じスーツを連続着用するとスーツの形がくずれやすいので、一日着用したらきちんと肩に丸みのあるハンガーにかけておきましょう。

ワイシャツ

  ●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとクリーニング(またはアイロンかけ)したものを着用しましょう。サイズをきちんと計り、身体に合ったものを身につけてください。

●無難なワイシャツの色は白です。ブルーは男らしさや精力的なイメージがありますが濃いブルーは面接試験にふさわしくありません。 またピンクはお洒落なイメージがありますがこれも職種によっては面接試験にはふさわしくないでしょう。顔色を明るく見せる方が好印象を与えるため、ダークなカラーシャツは控える方が良いようです。
  ストライプのシャツは若々しさと知的なイメージがありますが、派手で目立つストライプのシャツの着用は人によってはイメージを損なうおそれがあり、注意が必要です。派手なものは避け、控えめなものをおすすめします。

●ネクタイの中のカラーを1つ選び、シャツと合わせるとコーディネイトが簡単にできます。

ネクタイ

  ●ビジネスシーンにお薦めなのは、ストライプ、ドット(水玉 )などです。
チェックや、全体に柄が規則的に配置されたものなども良いでしょう。

●ネクタイを結ぶときのコツは、ベルトのバックルがネクタイの先で隠れるくらいの長さをめやすにして結んでください。

靴・靴下

  ●ビジネスシーンでは、黒または茶色の靴を履きます。

●白いソックスはNGです。スーツの色、靴の色に合わせてダークカラー(グレー、紺、黒、茶系など)の靴下を履きます。 靴下は必ず靴の色と合わせてください。
1-(1). ビジネスシーンにふさわしい服装かどうか  つづき

ポケットチーフ

  ●ここ数年、急にポケットチーフが普及してきました。シャツの色とコーディネイトするだけで簡単にお洒落が楽しめます。その日のネクタイに使われているの色の中から一色を選んで、その色のポケットチーフを用いるのも良いでしょう。

●シャツが柄物のときは、ポケットチーフはできるだけ無地か、細かい目立たない柄のものにすれば失敗はありません。シャツが無地で、ノーネクタイであれば、ポケットチーフも柄モノで楽しむこともできます。

髪型、腕時計、ビジネスバッグ

  ●一般的に就活の際には男女共に金髪はNGです。清潔感のある髪型を心掛けてください。
●男性のヒゲについては(職種によりますが)きれいに剃ります。
●腕時計については、あまりカジュアルすぎるものは避けます。
●ビジネスバッグ、ショルダーバッグなどについても就職活動にふさわしいものを心掛けて下さい。書類を持参する場合に備え、A4サイズが収納できるものをおすすめします。

クリエイティブな仕事の場合

  ●一般的にクリエイティブな仕事の場合には、服装の自由度が高い職場と言えます。とはいえ、他の人に不快感を与えない服装を心掛ける必要があります。

●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。
1-(2). 基本的な挨拶や態度

名前を呼ばれたら返事をする

  ●例えばグループ面接などでは、面接会場と、控え室とに分かれて会場がセッティングされることが多いようです。控え室に待機し、名前を呼ばれたら、きちんと返事をして立ち上がるようにします。

●面接を実施している最中にも名前を呼ばれたり、呼び掛けられたりします。返事の際にはきちんと聞こえるように声を出します。

面接マナー

  [入室]
(1)入室の際にはノックを3回(または4回)します。
(※海外では4回が正式ですが、日本のビジネスマナーでは3回が主流です。2回はトイレなどで行なう空室チェックのノックとされます)

(2) 中から「どうぞ」と声がかかってから「失礼します」とドアをあけます。

(3)ドアを開けたらおじぎをして中に入ります。一歩進んで氏名を名乗り、一礼します。椅子の近くに行くように案内されます。

(4)椅子の横で立ち止まり、一礼します。「どうぞ」あるいは「着席してください」と言われてから着席します。

[面接試験が終わったら]
(1)終了と言われたら、着席の状態で「ありがとうございました」と声に出して挨拶し、一礼します。丁寧におじぎをしてください。
(そのあと、グループ面接の場合にはケースバイケースですが、立ち上がってからもう一度椅子のところで一礼することもあります。)

(2)退室する前にドアの前で立ち止まり、身体の向きを変えて面接官に「失礼します」と一礼します。

(3)ドアを開けて、身体が外に出たら、軽く礼をしてドアをしめます。
2.相手に好かれるようにする
好印象をもたれるように心掛ける。

・ひとことで「好印象をもたれる条件」といっても難しいものです。ここはひとつ逆の発想から考えてみることにします。
「相手に悪い印象を与えてしまうような条件をなくす」ことから、正解へとアプローチしてみることにしましょう。
2-(1). 暗い表情、聞き取りにくい言葉は避ける

笑顔、明るい表情

  ●暗い表情で、ぼそぼそと話す相手と同じ職場で毎日顔を合わせて一緒に働きたいと思いますか?
やはり表情は明るく、笑顔で話すようにしましょう。話をするときには、質問者(相手)の目を見て笑顔で答えること。
意見を求められた場合にも笑顔で話すようにします。

言葉や返事ははっきりと

  ● ぼそぼそと聞き取りにくい言葉を話す相手とはコミュニケーションがとりにくいものです。言葉や返事はハッキリと述べましょう。面接では最も必要な部分です。
2-(2). 相手が質問や説明をする際には積極的に聞く姿勢を示す

うなずく、同意する、積極的に聞く

  ●お互いの会話がスムーズに進むためには、聞く姿勢も大切です。
面接官からの問いかけには、目を見て笑顔で返事をする、うなずく、声に出して同意するなど、積極的に聞く姿勢を示すようにします。話し上手は聞き上手でもある、というわけです。
但し、わざとらしくならないように注意して下さい。

●また、他の受験者が回答しているときもきちんと聞くようにします。
 

■ グループ面接について

それでは、グループ面接についてもう少し詳しく説明します。
グループ面接とは、上記で述べたとおり同時に数人の面接試験を行なうものです。応募者数人に対し、面接官も数人で実施します。
▲PAGE TOP
1.印象に残るようにする
・グループ面接では、人数の絞り込みを目的とするため、面接官の印象に残るようにします。

●体験談やエピソードはあなたの個性を表わす大切な話題です。失敗談や苦労した話も、時には成功談以上に印象に残ります。

● 話が長過ぎると間延びしますので、要点を簡潔に伝えたり、具体的に伝えたりする練習をしておくと良いでしょう。

●意見を聞かれた時に、前の人が理由→結論という順番で回答を述べたら、自分は先に結論を述べたあとで理由を述べて説明するなど、話の組み立てでインパクトを持たせるというのも効果的です。

●身ぶり、手ぶりを使ったり、最初にポイントを説明したりする話法も効果的です。
2.グループ面接の注意点とポイント

グループ面接ならではの注意点

・グループ面接では、個人面接とは異なる注意点があります。
2-(1). 自分の意見を述べる
  ●面接官の質問に対して回答しようとした答えが、前の人とたまたま同じというケースがありますね。たとえ同じ回答でも「同じです」とだけ答えるのはNGです。これでは目立たないだけでなく、自分の意見を持たない人だと判断されてしまいます。
面接官は自分の意見をしっかり言える人かどうかを見ています。
仮にほとんど同じ意見だとしても、「私も先ほどの方と同じような意見ですが○○○○だと思います」と、自分の言葉で意見をしっかり述べたのち、理由を明確にしたり、具体的な例を挙げたりするなど、自分だけの考えや提案などを付け加えるのがベストの回答です。
2-(2). 他の応募者の批判をしない
  ●面接官の質問に対する答えが他の人と違う場合にも、他の応募者の意見を批判するのはあまり印象が良くありません。
2-(3). 他の応募者の意見をしっかり聞く
  ●自分の意見をまとめるだけでなく、人の意見をしっかり聞くことも必要です。他の人の意見に対し、賛成・反対などのコメントを述べたり、自分の考えとの違いをきちんと述べたりする臨機応変な対応も求められます。

個人面接と共通する注意点

・グループ面接に関しても個人面接と共通する注意点があります。
2-(3). 提出した書類(履歴書や職務経歴書、志望動機など)との整合性を
事前に提出した応募書類の内容について質問されたとき
  ●面接官の手元には提出済みの書類があります。記載した内容に関する質問をされた場合には、回答の辻褄が合わないことのないようにしてください。

■ 個人面接について

個人面接は、ほとんどの採用試験において実施されます(または単に面接試験と言われます)。応募者一人に対し、面接官一名または数名で実施されます。
▲PAGE TOP
1.適度な緊張感と落ち着きのバランスが大切
●個人面接の場合、あなただけに注目が集まります。
緊張するのは構わないのですが、キョロキョロと目が泳いだり、そわそわして落ち着きがないのはNG。また、小さな声で自信がなさそうな態度もマイナスイメージです。

●面接官に対する敬意が感じられない態度はNG。
 例えばあなたが学生ではない場合、転職や再就職に際し面接官のほうが年下のこともあります。年齢や性別に関係なく、どんな相手であっても、敬意を持って相手に接するようにします)

●体験談やエピソードはあなたの個性を表わす大切な話題です。失敗談や苦労した話も、時には成功談以上に印象に残ります。但し、取り返しのつかない大きな損害を与えた経験、人に迷惑をかけた経験談はマイナスイメージになります。
 また、転職や再就職の場合、前職場に関する悪口を述べるのは、「不満ばかり言う人」と受け取られかねませんので注意して下さい。

●自分の考えをわかりやすく伝える工夫をします。要点を簡潔に伝えたり、具体的に伝えたりする練習をしておくと良いでしょう。
2.個人面接の注意点とポイント

個人面接ならではの注意点

・個人面接では、グループ面接とは異なる注意点があります。
2-(1). 考える時間はあまりない
  ●グループ面接では、回答の順番によっては他の受験者の意見を聞いたりしながら自分の意見をまとめることができるケースもありましたが、個人面接では自分の考えだけで勝負しなくてはなりません。
想定される質問に即座に回答できるように、考えをまとめる練習をしておくと良いでしょう。
2-(2). 知らないことに関する質問
  ●面接官の質問の内容が、自分の知らない分野に関するものである場合、グループ面接なら、他の応募者の回答がヒントになって思い出すことができたり、推理ができることもあります。
しかし、個人面接の場合には、自分だけの知識で回答しなくてはなりません。全く知らない内容であれば率直に「申し訳ありませんが、その件に関しては勉強不足です」と述べたり、「それは○○に関するお尋ねでしょうか?」と確認したりする方が、あなたの人柄が面接官に伝わることもあります。

グループ面接と共通する注意点8

・個人面接に関してもグループ面接と共通する注意点があります。
2-(3). 提出した書類(履歴書や職務経歴書、志望動機など)との整合性を
事前に提出した応募書類の内容について質問されたとき
  ●面接官の手元には提出済みの書類があります。記載した内容に関する質問をされた場合には、回答の辻褄が合わないことのないようにしてください。

■ 面接でよく出る質問

下記は就職の面接試験や、高校・大学の入試面接で良く出る質問の例です。
 内容を保証するものではありません。人事採用を担当した者として、参考例ですがご紹介します。
▲PAGE TOP
【就職試験の面接】
前職の退職理由を教えて下さい。
前職で身につけたものを述べてください
転勤があっても大丈夫ですか?
他の企業または公共団体など、他の就職先の受験予定は?
【入学試験の面接】
学生時代に学んだものを教えて下さい
生徒会活動で力を入れたことは何ですか?
部活動、クラブ活動などは何かしていましたか?
本校で何を学びたいですか?
自己PRをしてください
【就職・入試 いずれの面接でも出されやすい質問】
応募した動機を教えて下さい(志望動機・応募動機)
趣味、特技などを教えて下さい
あなたの長所・短所は?
自己PRをしてください
何か質問はありませんか?
 
※詳細については当サイトの[面接「質問」]のページへ>>>