四十九日のページロゴ

仏教の場合、亡くなってから七日ごとに法事・法要があります。四十九日までの法要を「追善法要」と言い、その後一年ごとの法要を「年忌法要」と呼びます。
なかでも、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。 この間七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目です。四十九日めは別名「満中陰」と呼ばれ、この日が忌明けとされます 。遺族は、この間、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない故人が成仏できるように祈ります。このページでは四十九日の法要の流れ、会食、仏壇の準備やマナーについてご紹介します。
なお、それぞれの法事法要の名称は前のページで解説しています。

………このページの内容………
1. 四十九日の意味と、法事・法要の種類 前のページ
  忌明け、香典返し、四十九日の日数の数え方・日数計算の仕方
2. 法事・法要の準備と、四十九日のマナー前のページ
3. 法事・法要の流れ
4. 法要のあとの会食「お斎(おとき)」
5. 49日法事の服装と持参する不祝儀(お香典)について
6. 仏壇の準備
7. 開眼供養(かいげんくよう)
8. 納骨(のうこつ)
[参考ページ]
キリスト教式、神式では、四十九日はありません。
詳細は法要のページでご説明しています>>
【表紙のページに戻る】

■3.法事・法要の流れ(四十九日の法事の流れ)

それでは四十九日の法要の流れについて解説します。
四十九日を忌明けとして「忌明け法要」を兼ねる形が多いようです。
この日に納骨を行う遺族もおられます。
またこの日までは白木の位牌でしたが、一般的には忌明けを境にして本位牌になります。詳細はこのページの 8.納骨、7.開眼供養などを参照して下さい。

49日法事・法要の流れ
法事・法要の流れには決まりはありませんが、代表的な例をご紹介いたします。

当日は仏壇にロウソクを灯します。また、 四十九日のお供え用としてお供物やお花が届けられた場合には、仏壇に飾ります。
項目  仏式の作法など
1.僧侶入場
  仏壇の前に僧侶の席をしつらえておきます。
遺族は故人との血縁の濃い人が前の方に席をとります。仏壇中央の僧侶のすぐ後ろには施主が座ります。
僧侶が到着したら、仏壇前の正面中央に案内します。
2.施主の挨拶 (喪主挨拶)
  [施主の挨拶の例(四十九日法要の挨拶)]
「本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます。それではこれより◯◯◯◯(戒名)の四十九日の法要を始めさせて頂きます。
(僧侶の方を向いて) それではよろしくお願いします。」
というように、ごく簡単に挨拶をします。
3.僧侶の読経 
4.焼香
  施主から順番に、前の方に着席している人から焼香をしていきます。
5.法話 
  僧侶から法要のことや故人のことでお話しがあります。
6.僧侶退場
  僧侶にはお礼をお渡ししなくてはなりませんが、僧侶が法要のあとのお食事(お斎)に同席して下さる場合には、この時点での退場はありません。お斎の後でお渡しします。

もし、僧侶がお斎での接待を辞退されたら、お布施、お車代、御膳料の3つを包みます。
お食事に同席される場合は、お布施、お車代の2つをお渡しします。

直接手渡しするのではなく、小さなお盆に載せて僧侶の方に向けて差し出します。
49日法事・法要の流れ(つづき)
7.墓参り
  墓地が遠い場合には省略されます。
8.施主の挨拶 (施主挨拶)
  施主の挨拶のあと、会食(御斎)になります。

[施主の挨拶の例]
「本日はお忙しい中をお集り頂きましてありがとうございました。おかげさまで母の一周忌の法要も無事終えることができ、母も安心していることと思います。
これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
粗宴ではございますが、別室にてお膳をご用意いたしました。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさっていってください。本日はまことにありがとうございました。

4.法事が終わってからの食事の席「お斎」(おとき)について。

法事が終わってからの食事の席をお斎(おとき)と呼びます。
お斎(おとき)については、別ページでご説明しています。>>

お斎(おとき)が行なわれない場合には、僧侶による読経終了後、施主が挨拶をする際にその旨を告げ、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。

各忌日法要、年忌法要の日取りについては、前のページで説明しています>>
【このページのトップに戻る】
★まだ間に合う!
届け先の近くのお花屋さんが 直接手渡しでお届け。
当日配達もOK

■5.49日法要の服装と持参する不祝儀(お香典)について

仏教の場合には、49日法事を過ぎると、のし袋の表書きが変わります。
「御霊前」という表書きが使えるのは忌明け法要のある49日までで、それ以降の50日めからは表書きが「御仏前」または「御佛前」になります。(ご仏前は浄土真宗であれば49日前でも用います)
四十九日の法事・法要に呼ばれたら(参列者・出席者)
案内状(法事の案内はがき)を受取ったらなるべく都合をつけて参列します。
もし、都合が付かない場合にはお詫びの手紙を添えて、現金書留などで御供物料を送るか、お花や果物などのお供え物を贈ります。

※法事の返信ハガキの書き方や欠席の場合のおわびの文面の例文はこちらへ>>>
四十九日の服装
 仏式   神式  キリスト教式

参列者は、初七日〜四十九日までの法要では略式喪服を着用します。

一周忌以降の年忌法要の場合は略式礼服または地味な服装で。
七回忌以降は、地味であれば平服でも構いません。

のし袋の表書き
 仏式   神式 キリスト教式
49日までは御霊前と書いたものを用います。
四十九日の法要以降は宗派を問わず御仏前、御佛前となります。
※宗派…「御仏前」は、浄土真宗であれば四十九日前でも使えます

御供物料はどんな宗教でも使えます。
神式では、49日の法事はありません。
亡くなってから50日めに五十日祭があり、この日をもって忌明けとされます。
御霊は、五十日祭のお払いのあと御霊舎(みたまや)に移されます。もし、先祖の御霊があれば合祀祭を行います。

御供物料はどんな宗教でも使えます。
神式独自の表書きとしては、御玉串料、御神前料、御神撰料など。

キリスト教では49日の法事はありません。
亡くなってから1花月目に追悼ミサ(プロテスタントでは昇天記念日)があります。

御供物料という表書きはどんな宗教でも使えます。
キリスト教式独自の書き方としては、お花料など。

蓮の絵のついた熨斗袋は使えませんので注意してください。
金額の相場やめやす
 仏式   神式  キリスト教式
中心となる金額は5,000円〜10,000円のようです。
僧侶の読経のあと、食事がふるまわれることがあるので、その分を考慮した金額を包みます。
水引
 仏式   神式  キリスト教式
四十九日の忌明けまでは、黒白の水引きを。
四十九日以降は、黄白の水引きを使用します。
三十三回忌、五十回忌では、紅白の水引きを。
双銀の水引きを用います。 白い封筒に入れ、水引きはかけません。
その他…のし袋には、中にいくら入れたかを書くときの文字の書き方や、中包みの包み方、お金の入れ方などについても作法があります。詳しくは熨斗袋(おくやみごと)のページでご説明しています>>>

※注意/必ず先方の宗教を確認して下さい。例えば浄土真宗に関しては、四十九日前でも「御霊前」の表記は使えません。通夜、葬儀とも「御仏前」となります。
 なお、事務局では全ての宗教宗派を網羅しているのではなく、一般的な知識を紹介させて頂いております。厳密には、各種の儀式やしきたりは宗教宗派あるいは地方によっても異なります。誠に恐れ入りますが、心配な場合にはお寺や周りの年配の方に確認して頂きますようお願い申し上げます。当サイトの掲載内容は一般的な知識の紹介であることを御了解頂いた上でご利用頂きますようお願い申し上げます。
【このページのトップに戻る】

■6.仏壇の準備

新規に仏壇を購入する場合には、四十九日の忌明け(満中陰)までに用意します。
僧侶による読経ののち、位牌を新しい仏壇におさめることを開眼法要と呼びます。
仏壇には、比較的場所をとる台付きのタイプと、タンスの上に置いたりできるコンパクトなタイプがあります。ご自宅の間取りや御予算に応じてお好みのタイプを選んでいただくと良いと思います。
ここではポイントだけご紹介します。

 1. 仏壇は、目の高さよりもやや高い位置に置くと良い。
 2. 仏壇の向きは、可能であれば東向きまたは南向きが良い。
 3. 忌明けまでは、位牌は仏壇に納めず、仏壇の扉は閉じておく。


仏壇は、専門店などで手配ができます。
ご本尊は、宗派によって異なります(例:阿弥陀如来、釈迦牟尼如来などを飾ります)。
飾り方の例を下記に掲載します。
仏壇の飾り方
飾る段 飾るもの 補足説明
上段 御本尊、位牌 中央にご本尊を置きます。
古いご位牌がある場合には、一番右に一番古いご位牌が来るようにします。
中段 飯器、茶湯器、高杯 毎朝、朝食の前にご飯とお水を変えます。
下段 香炉、燭台、
鈴、 線香立、
花立(花瓶)
毎朝、花立ての水を替えます。

■7.開眼供養(かいげんくよう)

新規に仏壇を購入した場合には、まずはじめに 仏壇開き(開眼供養)をしてから位牌を仏壇におさめます。

ふつう、葬儀のあと忌明け(四十九日)まで祭壇に飾っていた位牌は白木の位牌です(白木位牌などと呼ばれます)。開眼供養までに、専門店、仏具店などで本位牌を手配します。

本位牌は、仏壇に安置されるためのものです。没年月日、戒名、俗名(生きていたときの氏名)、行年(享年。但し、数え年)などが書かれたものです。

開眼供養のあとは、魂を移された本位牌を仏壇に安置し、白木位牌は菩提寺に納めます。

■8.納骨・納骨式(のうこつしき)

[準備するもの]
納骨には、埋葬許可証が必要です。
死亡届を出すと、市町村役場から「火葬許可証」「埋葬許可証」が発行されます。納骨法要には、埋葬許可証を持参しましょう。

卒塔婆が必要な宗教もあり、事前に菩提寺に確認をしておきます。
その他に、お線香、お花、香炉などが必要です。水桶は先方で拝借できるケースが多いようです。

僧侶への謝礼としては、「御布施」「お車代」を用意します。
その他に、卒塔婆供養をしてもらう場合には「御塔婆供養料」も用意します。
法要の後の会食を僧侶が出席を辞退した場合には、「御膳料」も必要です。
・金額の目安をご紹介します(平成19年12月現在)
 御布施(お布施)または御経料は、3万円程度。
 お車代は、5千円〜1万円くらい。
 御膳料は、5千円〜2万円くらい。
  卒塔婆代は、寺に確認してください。1本につきだいたい3,000円くらいです。

[納骨法要]
忌明けの法要(四十九日の法要)(僧侶による読経と焼香)のあと、墓地にて納骨法要を行ないます。
納骨が済んだあとは、故人の供養のために会食をする場合が多いようです。
納骨式の流れ
項目 補足説明
1. 僧侶による読経 ・忌明け(四十九日)の法要(僧侶による読経と焼香)のあと、墓地に移動します。

・ お墓のまわりの雑草をとり、墓石も浄め、掃除をします。
・お花やお供えものを置きます。

・僧侶による読経が行なわれます。
2. 参列者による焼香 ・故人とつながりの深い遺族から順番に焼香します。
3. 納骨 ・納骨室の入口の石(或いは蓋の石など)を開けてもらい、施主が納骨室に納めます。
4. 僧侶による読経 ・再び僧侶による読経があります。
5. 参列者による焼香 ・再び参列者全員が焼香をします。
6. 会食 ・お斎のページへ>>
1. 四十九日の意味と、法事・法要の種類 前のページ
  忌明け、香典返し、四十九日の日数の数え方・日数計算の仕方
2. 法事・法要の準備と、四十九日のマナー前のページ
【表紙のページに戻る】
★まだ間に合う
届け先の近くの
お花屋さんが
直接手渡しでお届け


当日配達もOK