香典の金額 相場はいくら?

香典の金額相場(その2)。香典とは、線香・抹香や花の代わりに死者の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用ののし袋に包んだものをさします。香典は通夜または葬式(葬儀)のいずれかに持参します。香典として包む金額は故人とのおつきあいの深さによって異なります。血縁関係のある親族や、故人の職場の直属の上司などは包む金額が多くなります。
このページでは、通夜・葬儀および法事・法要の香典の相場について、故人との続柄やお付き合いの深さ別に金額を紹介します。
なお、香典の表書きや中包みの書き方については前のページを参照して下さい

………「香典の金額・相場2」のページの内容………
1.香典とは、香典の書き方 前のページ
2.中袋・中包みの書き方(金額の漢字の書き方) 前のページ
3. お金の包み方、お金の入れ方
4.お香典の相場(香典料・香典の金額のめやす)
 ・あなたとの関係(続柄)と香典金額一覧表
 ・両親のいずれかが亡くなった場合子どもは香典を出すの?
 ・祖父母のいずれかが亡くなった場合、孫は香典を出すの?
5.法事とお香典の金額(法事の香典相場)
※ 香典返し(ご香典のお礼とお返し)のページへ
※ 冠婚葬祭マナーのTOPに戻る

3.香典袋に入れるお金の包み方・入れ方

★お札を準備するときの注意点
香典に包むお金に新札を使うのはマナー違反です。
不祝儀のマナーには地域差や宗教による違いあるものの、新札を用いないという点はほぼ一致しています。新札は「まるで訃報に備えて前々から用意していたようで失礼にあたる」ということから不祝儀には向かないと考えられています。
もし真新しいお札を入れる場合には一度折って折り目をつけてください。逆に汚れたお札やしわしわのお札を用いるのもマナー違反です。
▼香典のお金の入れ方・お金の包み方(ご霊前その他)
★中袋に入れるお札の向き
・お金を入れる時のお札の向きについては本当に諸説ありますので(例えば顔がある側が、最終的に表面にくるようにする等の説があります)、このページでは事務局の考えを述べます。お札の向きについては、考え方が地方によっても人によっても異なりますし、仮に逆向きだったとしてもさほど失礼にはあたらないと思います。
「2枚以上になるときには同じ向きになるようにする」という点だけ守っていただければと思います。
▼香典袋にお金(中袋)を入れたら上包みで包みます。
★お悔み(葬式、法事など)の場合の上包みの包み方

お悔やみの場合の上包みを後ろから見た図
A B
弔事 のし袋の外包み
中包みを紙の中央に置き、左、右の順にかぶせたあと、最後に上側を下側にかぶせる。
Aは重なり方をわかりやすくしたイメージ図。

4.お香典の金額の相場(香典料・香典の金額のめやす)

香典の相場と書き方

香典の金額は、故人とのおつき合いの深さや、贈り主の年齢によって異なります。一応の目安として香典の相場金額をご紹介します。
下記はごく一般的な香典代のめやすとなる金額です。
会社・職場関係(ビジネス香典)では、取引先の社員や役職者に対して香典を持参する場合、個人名ではなく会社として代表者名(社長名)で香典を出すこともありますので、まずは上司に相談するようにしてください。
【不祝儀の相場…お金のページへ】【このページのトップに戻る】
香典の金額の相場 [単位:円]
あなたとの関係 亡くなった人 贈り手のあなたの年代とお香典相場
20代 30代 40代
勤務先の上司 本人 5,000 5,000〜10,000 10,000〜
その家族 3,000〜5,000 3,000〜10,000 5,000〜10,000
勤務先の社員や同僚・部下 本人 5,000 5,000〜10,000 10,000〜
その家族 3,000〜5,000 3,000〜10,000 3,000〜10,000
香典の金額の相場 [単位:円]
あなたとの関係 贈り手のあなたの年代とお香典相場
20代 30代 40代
祖父母(祖父・祖母) 10,000 10,000〜30,000 30,000〜50,000
親・両親(父・母)30,000〜100,000(50,000〜)100,000 100,000〜
義理の両親・父母(妻,嫁の親)(夫,婿の親) 30,000〜100,000(50,000〜)100,000100,000〜
兄弟・姉妹 30,000〜50,000 50,000 50,000
義兄・義弟(義理の兄弟)、
義姉・義妹(義理の姉妹)
30,000〜50,00050,00050,000
おじ・おば(伯父、叔父、伯母、叔母)10,00010,000〜20,000 10,000〜30,000
その他の親戚・親族・いとこ3,000〜10,0003,000〜20,0003,000〜30,000
友人・知人5,0005,000〜10,0005,000〜10,000
友人の親
(友人の父・母)
3,000〜5,0003,000〜10,0003,000〜10,000
友人とのおつき合いの深さや、友人の親との面識の有無などによって異なります。なお、友人どうしで数人で数千円ずつ出し合ってキリの良い金額にすることもあります。
恩師、先生3,000〜5,0003,000〜10,0003,000〜10,000
卒業後の恩師とのおつき合いの深さや、学生時代にお世話になった度合いによって異なります。なお、友人どうしで数人で数千円ずつ出し合ってキリの良い金額にすることもあります。
隣近所3,000〜5,0003,000〜10,0003,000〜10,000
仲人10,00010,00010,000〜
香典の金額の相場 (つづき)
会社関係 取引先
取引先の重役以上の役職者
●ビジネスシーン・会社や職場では、会社名(社長名)で香典を出すこともあるためまずは上司に相談します。金額は取引の程度によって変わりますが一般的には10,000円以上です。弔電やお花を手配し、香典は贈らないこともあります。

社葬が行われた場合
●社葬のとき…一般的には1〜3万円程度。しかし普段からのおつきあいによって変わります。親しくおつきあいがある会社や、社長同士が長年にわたりおつきあいのある会社、大口の取引先の会社で行われる社葬の場合には、社長名で3〜10万円程度の香典を包むこともあります。
通常は、香典とは別に花を贈ることが多く、香典+花で3万円、5万円などとなります。

先方の直接の担当者など
●ビジネスシーン・会社や職場では、会社名(社長名)で香典を出すこともあるためまずは上司に相談します。金額は取引の程度や相手の年齢によって変わりますが一般的には3,000円以上です。弔電やお花を手配し、香典は贈らないこともあります。
その他のQ&A
※日頃の交流の深さによって金額が変わってきます。

[自分の親が亡くなった場合]
※自分の親が亡くなった場合でも、喪主以外の子供は香典を出します。

[祖父母(祖父・祖母)が亡くなった場合]
※祖父母が亡くなった場合、孫は御香典を出すかどうか…一般的には、両親に扶養されている孫の場合は、両親が香典を出すため孫は香典を出さない、という考え方が多いようです。
では社会人になっている孫の場合は香典はどうするか…についてですが、祖父母(祖父や祖母)と同居している、していないに関わらず働いている孫の場合は香典を出すべきだと筆者は考えます。他の孫たちとのバランスもありますので、例えば年齢が同世代の孫たちで同じ額ずつ出して「孫一同」という形で御香典を包んでもよいでしょう。人数が少ない場合には連名の形で氏名を書きます。
結婚しているお孫さんの場合には、「孫一同」という形ではなく、単独で御香典を出すべきだと考えます。
さらに基本的には、祖父・祖母と同居している孫および同居していた孫は(お世話になったご縁の深さを考えると)香典の金額も多くなるようです。

[夫婦で通夜や葬儀に参列する場合]
これがもし披露宴に招待された場合には、料理代を考慮して二人分をキリの良い金額にしますが、通夜や葬儀の場合には夫婦でもひと家族と考えるため1万円でもOKです。但し、故人とのおつきあいが深かった場合や、葬儀のあとの会食にも出席する場合には、相応の金額を包みます。金額は20,000円〜となります。

5.法事とお香典の金額(法事の香典相場)

参列者がお供えするのし袋の表書きに「御霊前」という表書きが使えるのは、仏教では、四十九日の法要までです。筆者が祖母から教えられたのは、それ以降の50日めからは、故人は「霊」ではなく「仏様」になるため、御霊前ではなく「御仏前」になるとのことです。事の真偽はともかく、忌明けの日を境に御霊前は使えなくなるので注意してください。

例えば一周忌、三回忌、七回忌…といった法事では、「御仏前」または「御佛前」という表書きを使います。その他に法事の熨斗袋の表書きに使えるのは「御香料」「御供物料」などです。

一方、遺族が、初七日〜四十九日の法要にお寺にお包みするお礼の場合の表書きは「御布施」「御経料」「御法禮」「御回向料」「お布施」などですが、これは忌明け後も用いられます。

※ なお、上記の表書きは仏教、仏式の場合です。キリスト教式、神式の場合も含め法事については別ページで詳しくご紹介しています。
「法事のマナー」へ>>>
【このページのトップに戻る】
法事の場合のお香典の金額の相場 [単位:円]
あなたとの関係贈り手のあなたの年代とお香典相場
20代30代40代
勤務先の上司※ 故人と特に親しい付き合いの無い場合には、親族以外は一周忌を過ぎると法事に参列することはほどんどなくなります。下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。
1,000〜5,0001,000〜5,0001,000〜10,000
勤務先の社員や同僚※ 故人と特に親しい付き合いの無い場合には、親族以外は一周忌を過ぎると法事に参列することはほどんどなくなります。下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。
1,000〜5,0001,000〜5,0001,000〜5,000
※ (A)故人と同居していた場合、(B)結婚するまでは故人と同居していた場合、(C)当初から故人とは別居の場合では金額が変わってきます。また義理の父母、義理の兄弟姉妹でも金額は変わってきます。

※ また、四十九日、一周忌、三回忌といった節目となる主な法事では法要をきちんと行うため、施主も引出物やお齋を用意する等の出費があり、その分を見越した香典を出すようにします。
祖父母3,000〜10,0003,000〜30,0003,000〜30,000
両親10,000〜50,00010,000〜50,00010,000〜100,000
兄弟・姉妹10,000〜30,00010,000〜30,00010,000〜50,000
おじ・おば3,000〜10,0005,000〜20,0005,000〜30,000
その他の親戚・親類 3,000〜10,0005,000〜10,0005,000〜10,000
※ 故人と特に親しい付き合いの無い場合には、親族以外は一周忌を過ぎると法事に参列することはほどんどなくなります。下記は法事の案内状が来る間柄の場合についての金額例です。アンケート人数はかなり少ないので参考程度になさってください。
友人・知人2,000〜5,0003,000〜10,0003,000〜10,000
隣近所2,000〜5,0002,000〜5,0002,000〜10,000
仲人2,000〜5,0002,000〜5,0002,000〜10,000
1.香典とは、香典の書き方 前のページ
2.中袋・中包みの書き方(金額の漢字の書き方) 前のページ
※ 香典返し(ご香典のお礼とお返し)のページへ
※ 冠婚葬祭マナーのTOPに戻る
【冠婚葬祭のマナー表紙のページに戻る】
★まだ間に合う
届け先の近くの
お花屋さんが
直接手渡しでお届け


当日配達もOK