結婚式までの流れ。挙式までの流れ

ご婚約おめでとうございます。
結婚式は両家が縁を結ぶ儀式です。結婚が決まったら結婚式までにするべきことが沢山あります。
このページでは、婚約から挙式までの流れ、婚約してから結婚式を挙げるまでのタイムスケジュールをご説明します。全体のスケジュールを頭に入れておくと、結婚式までの日程を逆算してその日までに何をすべきか計画的に段取りをすることができます。
………このページの内容………
【表紙のページに戻る】
1. 両親への挨拶
2. 両家の両親の顔合わせ
3. 結納の準備
4. 結納当日
5. 結婚が決まってから挙式までタイムスケジュール
6. 結婚式と披露宴の手配
7. 結婚式と披露宴の準備
8. 新居の準備および荷造り
9. 新婚旅行の手配
  [参考ページ]
  【結婚式の流れ】
  【披露宴の流れ】

1.両親への挨拶

結婚が決まったら、まずはお二人でそれぞれのご両親にご挨拶に伺います。
恋愛結婚の場合は、下記の項目を両家で相談しなくてはなりません。
1. 結納をする、しない
2. 仲人や媒酌人を誰かにお願いする、お願いしない
3. 結婚式の体裁は?神前結婚式、教会式結婚式、人前結婚式?
【このページのトップに戻る】
結婚式までの流れ
順序とポイント 説明
1.ご両親への挨拶
●ご都合を確認してから伺う。
  ◎女性宅に伺う際は女性が、男性宅に伺う際には男性が、それぞれ自分の両親の都合を聞きます。
●服装はきちんと
  ◎相手方のご両親にご挨拶する場合は、男性はスーツ、女性もスーツかワンピースなどが望ましいと思います。

◎ 自分の両親のところに相手が挨拶に来る際も、同席する際のバランスを考え、あまりカジュアルになりすぎないようにしましょう。
●手土産を持参する
  ◎先方のご両親が好きなものが良いと思います。事前に二人で情報交換をしましょう。

◎のしは不要ですが、もしつける場合は、お二人のご縁が二度とほどけないように紅白の結び切りののしを用います。蝶結びはダメ。 お店の人には「外のし」で包装を依頼しましょう。下段に姓を書きます。
●話題
  ◎必要であれば改めてきちんと自己紹介をし、結婚の意志を伝えます。
◎男性なら、家庭環境、仕事、収入、趣味、結婚後の生活設計、どこに住むかなどについて、聞かれたら答えられるようにしておきましょう。

◎女性なら、家庭環境、仕事、趣味や習い事、結婚後の仕事のことなどについて、 聞かれたら答えられるようにしておきましょう。
●結婚についてのご挨拶
  ◎挨拶の例
「今日はお願いがあって参りました。私は○○さんと結婚をしたいと考えています。先日、ご本人からは承諾を頂きました。今はまだ未熟ですが、○○さんとなら幸せな家庭を築いていけると思っています。どうか結婚をお許し下さい」
●その他の話題
  ◎共通の話題があれば和やかに会話がすすみます。あらかじめ相手方のご両親の趣味や、タブーとなる話題などをりさーちしておくとよいでしょう。
※結婚の挨拶と、両親への挨拶の際のマナーについては更に詳しく「結婚の挨拶」のページで説明しています>>>
【このページのトップに戻る】

2.両家の両親の顔合わせ

通常は、男性側の両親が女性側の両親に声をかけます。あまり堅苦しく考えずに「息子が大変お世話になっているそうで、一度ご挨拶に伺いたいと思っておりました」というかたちでご連絡をされてはいかがでしょうか。

「結納をする、しない」だけでなく、宗教のこと、結婚式の形式や披露宴の場所のことなど、これから結婚するまでに打ち合わせることが沢山あります。地方による習慣やしきたりの違いについても考慮しながらじっくり話し合って決めていかなくてはなりません。
結婚式までの流れ(つづき)
順序とポイント 説明
2 両家の両親の顔合わせ
●場所、時間の設定
  ◎両家の両親の顔合わせは、ホテルやレストランなどを予約して 行うほか、どちらかのお宅で行う場合も多いようです。

◎通常は、新郎側から新婦側のご両親に声をかけます。

◎お見合いの場合は、仲人にも状況を申告します。両家の顔合わせには仲人も同席します。

◎食事を一緒に取る場合は、嫌いな食 べ物がある場合を考慮し、双方にあ らかじめ意見を聞いて和食か洋食かを決めると良いでしょう。
●手土産を持参する
  ◎両家の初対面 の日です。できれば手土産を持参しましょう。遠方の方とのご縁の場合は、地元の銘品でも良いでしょう。

◎のしは、お二人のご縁が二度とほどけないように紅白の結び切りののしを用います。蝶結びはダメ。 お店の人には「外のし」で包装を依頼しましょう。下段に姓を書きます。
●話題
  ◎男性側がご自分の家族を紹介してから、女性側がご自分の家族を紹介します。お見合いによるご縁の場合でお仲人さんが同席する場合は紹介はお仲人さんが両家の紹介を行ないます。

◎家庭環境、両人の趣味や人柄、結婚後の仕事や生活、結婚後の住まいについてなど相談をします。

◎お二人の結婚について両家の両親の快諾が得られたら、できればこのときに下記についても打合せをしましょう
[1]結納をする・しない …結納のページへ>>
・結納の形式 関東式、関西式など、地方により結納品の価格が非常に異なります。
・ 結納の日取り  
・仲人をたてる、たてない ご両家およびご本人の自由です。会社の上司、恩師、お世話になった方などに依頼します。
仲人と新夫婦とのおつき合いは原則として一生続くものです。良く相談して決めましょう
・結納の場所  
・結納後に祝い膳を囲むかどうか    ホテルなどの結納パックを利用する手もあり
◎下記の話題はこの日に相談しても、或いは結納の後でも構いません。最近は遠方どうしの結婚が増えてきているため、 結納を行なわない場合は、下記の打合せもこの時に行なうケースが増えてきているようです。
[2]結婚式に媒酌人をたてる・たてない
・媒酌人をたてる、たてない ・結納の時に仲人をお願いした場合には、結婚式の媒酌人をお願いするのがふつうです。
・謝礼や結婚後のおつきあいを考えると、媒酌人をたてない方が安くなります。
[3]結婚式を挙げる・挙げない
  ・入籍だけで済ませる、披露宴行なう、など。
[4]結婚式のタイプ
・神前式、教会式、人前式など。 ・結婚式のタイプ別に、ほぼ決まった流れがあります。 …結婚式のページへ>>
[はみだし情報]世話人と仲人と媒酌人
…結納の際に仲人をたてるかどうか、迷いますよね。
皆さんが耳にしたことのある世話人、仲人、媒酌人という呼び名についてですが、厳密にはそれぞれ異なる任を担うようです。

世話人とは?…お見合いの縁を結ぶ人。結婚を考えている2人を引きあわせ、二人の縁をとりもつ人が世話人です。
仲人とは?…結婚が決まった2人、および両家の縁組みをするのが仲人です。
媒酌人とは?…披露宴で新郎新婦の仲立ちをする人が媒酌人です。
しかしもちろん「仲人」が「お見合い」「結納」「結婚式」「披露宴」の、すべての場を担うこともあります。

本来のしきたりでは「転勤」「昇進」「出産」と、仲人と新夫婦のお付き合いは続いてゆきます。結納に仲人をたてるかどうかで、新夫婦の今後のおつきあいも決まってくるわけです。こうしたこともふまえて、きちんとした作法やマナーはひととおり頭に入れておきましょう。

3.結納の準備

結納のときにそろえる結納飾りは、地方によって品揃えが非常に異なります。豪華な関西版、実用重視の関東版などがあります。両家で良く相談して揃えて下さい。
【このページのトップに戻る】
結婚式までの流れ(結納 その1)
順序とポイント 説明
1 結納の準備
●場所を予約する
  ◎結納は本来は女性のご自宅でするものですが、他に、ホテルや結婚式場の個室などで行なう場合もあります。
自宅以外の場所で行なう場合には、結納品(結納飾)のセッティングが必要な場合に備え、予約の際に「結納のための予約です」と、目的をきちんと伝えます。
●結納品(結納飾り)を準備(購入)する
  ◎結納品として両家の縁を結ぶ、縁起の良い品が決まっています。
地方色が非常に豊かな儀式です。別ページ【結納】を参照してください。
●婚約指輪や結納返し(記念品)を準備する
  ◎別ページ【結納】を参照してください。
●結納の日の衣装を用意する
  ◎結納当日の衣装は、両家のバランスが大切です。
一方が正装で、他方が略礼装というわけにはいきません。また、仲人だけが正装というのも失礼にあたります。正装〜略礼服というのが一般 的です。

◎別ページ【結納】を参照してください。
●手土産、謝礼
  ◎当日手渡す手土産や、仲人への謝礼を用意しておきましょう。

◎女性の自宅で結納を行なう場合は、男性は手土産を持参します。女性の側も儀式が終わったあとで男性の両親に(仲人が同席する場合は仲人にも)持ち帰って頂く引出物を用意します。
いずれの場合も、 のしは紅白の結び切りで、上段は「寿」下段に姓を書きます。

◎ホテルで結納を行なう場合には、最近は「結納パック」のようなサービスプランもあります。両家および仲人への引出物もプランに入っている場合もあるので、予約の際に良く確認しましょう。

◎仲人への謝礼は、両家それぞれが「寿」の熨斗袋を、そして、女性側は「お車代」も含めた2つを用意します。のしの水引きは結び切りを用います。
お車代は仲人宅から結納会場までの交通費プラスアルファで、キリの良い額を。
寿の熨斗袋の方は、ご祝儀として結納金の1〜2割を包みます。
結納後、祝い膳を囲まない場合は、女性側が仲人に「酒肴料」を別途お渡しします。
【このページのトップに戻る】

4.結納当日

結納をホテルなどで行う場合には、時間ギリギリよりも早めに会場に到着するようにします。着物の着付けなども予約できるホテルがありますので、事前に確認をしておきましょう。
結納
順序とポイント 説明
2 結納当日
●結納品(結納飾り)
  ◎結納の前日までに内容を点検し、飾り方をおさらいしておきましょう。
●手土産
  ◎前もって準備した手土産、謝礼(前項3、参照)
●服装
  ◎服装は、両家で事前に相談し、バランスをとりましょう。

◎別ページ【結納】を参照してください。
●結納の儀
  ◎事前に儀式進行を確認しておきましょう。

◎別ページ【結納】の「結納の儀式の流れ」を参照してください
●お開き
  ◎結納が終了したら、仲人に謝礼を渡します。事前に用意した「お車代」、「寿」の熨斗袋のご祝儀(両家より1つづつ)、祝い膳を囲まない場合は「酒肴料」を手土産と一緒にお渡しします。
のしの水引きは「結び切り」のものを用います。基本的に仲人に渡すお車代、酒肴料は女性側が負担します。
【このページのトップに戻る】

5.結婚が決まってから結婚式までのタイムテーブル

両家のご両親のお許しを得たら、いよいよ結婚式の準備となります。
挙式までのタイムテーブルを作ってみました。
結婚式までのスケジュール・タイムテーブル
時期 項目 新郎新婦 両親 媒酌人
結婚が決まったら
  ●結婚式をする・しない、および結婚式の形式を決める
例:教会式、神前結婚、人前結婚など
 
●結婚式の予算を決める  
●結婚式の場所を決める  
●結婚式の日取りを決める  
●披露宴をする・しない、および形式を決める  
●披露宴の予算を決める  
●披露宴の場所を決める  
●披露宴の日取りを決める  
●媒酌人を依頼するかどうか決める  
6ケ月前頃までに
  ▽媒酌人に依頼する  
▽媒酌人の依頼を受ける    
3〜6ケ月前頃までに
  ●招待客のリストを作る  
●結婚式場を予約する>>    
●披露宴会場を予約する>>    
●挙式と披露宴の見積りをとり、金額を確認する  
2〜3ケ月前頃までに[勤務先への結婚報告はこちら>>>
  ●勤め先に休暇願いを出す(式〜新婚旅行)    
●衣装選び、衣装の手配をする  
●挙式当日の係り(司会、受付、撮影係など)に依頼をする    
●新居の手配をする>>  
●新生活に必要なものを揃える>>  
●招待状の印刷を手配する    
●招待状の宛名書きをする    
●引出物の手配をする  
●新婚旅行の手配をする>>  
1ケ月前頃までに
  ●招待状の返信を確認する    
●披露宴の席次表を確認する    
●結婚式の進行手順を確認する
●披露宴の進行手順を確認する
●結婚指輪を手配する    
1〜2週間前までに
  ●披露宴の司会者と打合せをする    
●挙式当日の係り(受付、撮影係など)と打合せをする    
●新居に荷物を運び入れる  
●婚姻届、転居届などの準備    
▽祝辞原稿の準備 …媒酌人祝辞のページへ>>    
▽謝辞原稿の準備 …新郎、および親族謝辞のページへ>>  
前日までに
  ●お車代、謝礼などの準備  
●筆記用具、予備の熨斗袋などの準備  
●式場への支払いの準備  
●当日の段取りの最終確認
●新婚旅行の荷造りとパスポートやチケット等の確認    
当日朝までに
  ●両親への挨拶    
【このページのトップに戻る】

6.結婚式と披露宴の手配

お二人にとって、一番充実した幸せな時間です。
挙式の日取りや場所、結婚式のスタイルを決めます。
結婚前に準備すること
順序とポイント 説明
6 結婚式と披露宴の手配
●結婚式の相談をする
  ◎神前結婚、教会式、人前結婚等の、結婚式のタイプについて相談して決めます。両家の宗教がかかわってきますので、良く相談して決めて下さい。
●日取りを決める
  ◎通常は、お日柄の良い土日祝日のいずれかを選びます。
両家で相談して都合の良い日を第三希望までピックアップしておきます(お日柄の良い日は婚礼会場も予約が満杯の場合が多いため)。

◎日程を優先する場合と、婚礼の会場の空き状況を優先する場合があります。
●婚礼および披露宴の場所を決める
  ◎職場の近く、交通 の便の良いところ、実家の近く、両家にとって都合の良いエリア、親族が多いエリア、憧れの海外で、など、希望を出し合って良く相談します。お二人の希望だけでなく、両家で良く相談して決めます。

◎遠方の場合は、招待者の交通費(お車代)などが必要になります。場所は良く相談して決めましょう。
例: 結婚式は内輪で親族だけで行ない、披露宴は職場でお世話になっている方々や友人たちも招き、職場の近くで行なうなど。

◎お車代については、別ページ【披露宴】の「披露宴が終わったら」を参照してください
●予算をたてる
  ◎結婚費用の概算については別ページ【結婚式の費用】を参照してください。
●結婚式場、披露宴会場の予約をする
  ◎招待客の人数を確認し、式場の予約をする

◎披露宴のスタイルを決め、会場を予約する。
●結婚式場、披露宴会場の予約をする
  ◎招待客の人数を確認し、式場の予約をする

◎披露宴のスタイルを決め、会場を予約する。

◎司会者、受付係、撮影係などを、誰に依頼するか決める。

7.結婚式と披露宴の準備

席次表、招待状の手配のほか出席者の確認、祝辞や余興の依頼などを行います。
必要に応じて二次会の依頼などもおこなってください。
結婚前に準備すること(つづき)
順序とポイント 説明
7 結婚式と披露宴の準備
●招待状の宛名を書く
  ◎両家のバランスを考えて招待客の人数を決め、招待状を出します(宛名を書く)>主賓にはできれば手渡しをします。

◎祝辞をお願いする人、余興をお願いする人には依頼メモを同封します。
●招待客の席次表を作成する
  ◎披露宴の席次はだいたい決まっています。
新郎新婦の席から近い順に、主賓→来賓→会社関係→同僚・友人→親族→両親

◎別ページ【披露宴の流れ】を参照してください
●招待状の返信が戻って来たら出席人数を確認する
  ◎招待状の返信をもとに席次表を再度チェックします。
●結婚指輪を手配する
  ◎リングに日付入れ、名入れ、サイズ直しなどが必要な場合、早めに手配をします。

8.新居の準備および荷造り

新居に必要なもののリストを作り、チェックしながら揃えていきます。
大きなものは購入前に必ず部屋のサイズと商品のサイズを確認してください。
コンセントの数は要チェックです。
結婚前に準備すること(つづき)
順序とポイント 説明
8 新居の準備および荷送り
●新居の準備をする
  ◎広さ、環境、通勤時間などを考えて、結婚後の住まいを決めます。
●婚礼の荷物を整える
  ◎家具、家電品などを整える。
◎大きなものだけでなく、調理器具、調味料、日用雑貨なども必要です。あらかじめリストを作り、挙式二週間前までには揃えておきましょう。
●荷送りの儀
  ◎婚礼の2〜3週間前の、お日柄の良い日に「荷送り」の儀式を執り行います。
※結納返しをこの時に行なう場合もあります。 ◎婚礼のために女性側が整えた家具などの嫁入り道具の目録を作成し、新居に搬入します。
●披露宴の準備をする。
  ◎招待状の宛名書き、返信のとりまとめ。
◎引出物の用意
◎披露宴の式進行の打合せなど。
【このページのトップに戻る】

9.新婚旅行の手配

新婚旅行のお土産は、旅行前に手配できるものもあります。
賢く利用しましょう。
結婚前に準備すること(つづき)
順序とポイント 説明
9 新婚旅行の手配
●パスポートの取得または確認をする ◎パスポートの期限も確認して下さい
●ツアーや航空券など、必要な旅行手配や予約をする。 ◎旅行用のカバンの準備もわすれずに
●お土産リスト ◎結婚祝を頂戴した方を中心にお土産リストを作っておきます。
金額ランク別に作成することをおすすめします。
表紙のページに戻る