社会人の基本マナー「職場での服装」

新入社員の服装のページ。このページでは新入社員の服装について説明しています。ビジネスシーンにふさわしい服装には、清潔感があり相手に好印象を与える、仕事がしやすいなど、身だしなみの基本ともいえる注意点があります。新社会人・新入社員の方、転職を考えている方、インターンシップの予定がある方、どうぞ参考になさってください。
…このページの内容…
1. 男性 新入社員の服装
 (男の身だしなみ、男性の服装…スーツ、髪型、靴、小物)
2. 男性の服装 バリエーション(男の服や持ち物 基本アイテム)
3. 女性 新入社員の服装
 (女の身だしなみ、女性の服装…スーツ、髪型、靴、バッグ)
4. 女性の服装 バリエーション(女の服や持ち物 基本アイテム)

■1.男性新入社員の服装

(男の身だしなみ、男性の服装…スーツ、髪型、靴、小物)
【男性 新入社員の身だしなみ】
▼新入社員の服装には、社会人としての身だしなみの基本的が含まれています。まずは、ビジネスシーンにふさわしい男性の身だしなみの基本をおさえてみましょう。

ビジネスシーンにふさわしい、男性の身だしなみの基本
1. 清潔感があること
2. 相手に不快感を与えないこと
3. 仕事がしやすいこと・動きやすいこと。


▼新入社員の場合には、上記の「基本的な身だしなみ」プラス以下のような気配りが求められます。

上記プラス、新入社員にふさわしい、男性の身だしなみの基本
4. 新入社員らしさ
5. 若々しさ
4.の新入社員らしさとは…ある程度の「きちんとした感じ」のことをさします。くだけ過ぎた着こなし、ネクタイを緩めた襟元などは、新入社員にはふさわしくありません。

5.の若々しさとは…カラー、色づかいのことをさします。地味すぎる色合わせ、渋すぎる色合わせよりも、ブルー、グリーン、ピンク、パープルなどの色を上手にコーディネイトしてください。

※パープルやピンクはここ数年、男性も積極的に取り入れている色ですが、シャツやスーツとの色の合わせ方が難しいので、コーディネイトに慣れてからトライするようにしてください。また、ピンクについては、多用すると軽薄な印象となります。できるだけ控えめな使い方にするように注意してください。

 
【新入社員の服装】
▼新入社員の服装には、ビジネスシーンにふさわしい服が求められますが、一度に何着も揃えるのはお財布の方も大変。そこで、最低限おさえたい基本のコーディネイトも一緒にご紹介します。  

 1.ビジネスシーンにふさわしい服装
 2.新入社員が最低限揃えたい服やコーディネイト
1. ビジネスシーンにふさわしい服装(男性・男)
基本となる服装
  ●社外の人と接する機会が多い場合には、あなたの印象が会社の印象(身だしなみ等)を決めます。スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴を基本にします。

●上着やズボンのしわをチェックし、きちんとアイロンまたはプレスをするだけであなたの印象がかなり変わって来ます。
同じスーツを連続着用するとスーツの形がくずれやすいので、一日着用したらきちんと肩に丸みのあるハンガーにかけておきましょう。

●ズボンのすそ丈は、靴の甲にのり、少したるみが残るくらいの長さに調節します。ショップで相談にのってもらうときには、普段履く靴のかかとの高さに合わせてください。
靴下
  ●白いソックスはNGです。スーツの色、靴の色に合わせてダークカラー(グレー、紺、黒、茶系など)の靴下を履きます。

●靴下に穴があいていたり、かかとがうすくなっていたりしませんか?周りの人は結構あなたのことを見ています。出かける前には必ず身だしなみのチェックしましょう。
ワイシャツ
  ●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとクリーニング(またはアイロンかけ)したものを着用しましょう。
サイズをきちんと計り、身体に合ったものを身につけてください。

●正式なお洒落の場合のワイシャツの色は白です。
ブルーは男らしさや精力的なイメージ、ピンクはお洒落なイメージがあります。
その他にもグレーをはじめ各種のカラーがあります。ネクタイとコーディネイトしてください。
  ストライプのシャツは若々しさと知的なイメージがありますが、派手で目立つストライプのシャツの着用は人によってはイメージを損なうおそれがあり、注意が必要です。水玉 模様のシャツはドレッシーなイメージがあります。水玉 模様を着用する場合についても、派手なものは避け、控えめなものをおすすめします。

●ネクタイの中のカラーを1つ選び、シャツと合わせるとコーディネイトが簡単にできます。
ネクタイ
  ●ネクタイの中のカラーを1つ選び、シャツと合わせるとコーディネイトが簡単にできます。

●ビジネスシーンにお薦めなのは、ストライプ、ドット(水玉 )などです。
チェックや、全体に柄が規則的に配置されたものなども良いでしょう。
特に新入社員の場合の目上の人との面談や、営業の業務の方などの場合、あまり変わったデザインのネクタイはおすすめしません。

●ネクタイの形状にも流行があります。太さ、剣先の角度、大きさ、厚さなどが少しずつ異なります。結び目の大きさが異なってきますので、店頭や雑誌などでチェックしても良いでしょう。(筆者は個人的にはあまり流行の最先端を追うのはおすすめしません。ネクタイも結構高額ですし、比較的流行に左右されないものを選ぶと良いと思います。)

●ネクタイを結ぶときのコツは、ベルトのバックルがネクタイの先で隠れるくらいの長さをめやすにして結んでください。
ポケットチーフ
  ●ここ数年、急にポケットチーフが普及してきました。シャツの色とコーディネイトするだけで簡単にお洒落が楽しめます。その日のネクタイに使われているの色の中から一色を選んで、その色のポケットチーフを用いるのも良いでしょう。

●シャツが柄物のときは、ポケットチーフはできるだけ無地か、細かい目立たない柄のものにすれば失敗はありません。シャツが無地で、ノーネクタイであれば、ポケットチーフも柄モノで楽しむこともできます。
  ●ビジネスシーンでは、黒または茶色の靴を履きます。靴下は必ず靴の色と合わせてください。白いソックスは不可です。

●ホテルなど、接客業の人は、お客様の靴をみてその人の格を判断する、と良く言われます。きちんと磨いて手入れをしておくこと、同じ靴を連続してはかないこと、だらしない靴を履かないこと、この3つを守るだけで、ずいぶんあなたの印象が異なってきます。
 
クリエイティブな仕事の場合
  ●一般的にクリエイティブな仕事の場合には、服装の自由度が高い職場と言えます。とはいえ、他の人に不快感を与えない服装を心掛ける必要があります。

●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。
2. 新入社員が最低限揃えたい服やコーディネイト (男性)
(1)基本はダークグレー(濃いグレー)と、ダークブルー(濃い紺)
●新入社員の皆さんが最初にスーツを2着だけ揃えるのなら、濃いグレーと、濃い紺の2着をおすすめします。シャツのコーディネイトもしやすく、知的な印象や落ち着いた印象を与えます。

● 新入社員が選ぶのなら、スーツの布地はストライプがギラギラと目立つような派手なものよりも、できるだけ無地に近いものを。もしストライプが入っている場合には目立たないものを選びましょう。また、明るい色よりもなるべく濃い色、暗い色を選ぶことをおすすめします。
 できればシワになりにくく、ある程度高級感のあるウール素材のものをおすすめします。
 
●ボーナスが出て、お財布に余裕がでてきたら、春夏用と、秋冬用のそれぞれについて揃えたいものです。

●茶系のスーツは老けた印象になります。また、薄いグレーは涼し気な反面 、ぼやけた印象になりコーディネートが難しくなります。 黒は高級感のある素材のスーツの場合には、ワンランク上の印象を与えます。予算に応じて取り入れて下さい。
 
靴下
  ●白いソックスはNGです。新入社員の皆さんは、黒、紺、濃いグレーなどを揃えておきましょう。 (茶系のスーツを購入した場合なら茶系の靴下になります)
ワイシャツ
  ●正式なお洒落の場合のワイシャツの色は白です。
●新入社員の皆さんがワイシャツをそろえるなら、以下のような色のものを揃えます。
  白、
  白×ブルーストライプ(ストライプは控えめなものを)、
  ブルー(派手なブルーではなく控えめな色目のものを)、
  グレー
  白×グレーストライプ(ストライプは控えめなものを)
  パープル(控えめな色のもの。ネクタイと色を合わせて使用。)
  白×パープルストライプ(ストライプは控えめなものを)、
  ピンク(控えめな色のもの。ネクタイと色を合わせて使用。)

●ストライプのシャツは若々しさと知的なイメージがありますが、派手で目立つストライプのシャツの着用は人によってはイメージを損なうおそれがあり、注意が必要です。

●ネクタイの中のカラーを1つ選び、シャツと合わせるとコーディネイトが簡単にできます。
ネクタイ
  ●ネクタイの中のカラーを1つ選び、シャツと合わせるとコーディネイトが簡単にできます。
一本持っていると良いと思うのは、紺を基調にしたストライプのものです。紺のネクタイは知的な印象を与えます。ここ数年は上述のように紫色を取り入れたコーディネイトが流行っているようですが(これを書いているのは2010.3.23)、色調を間違えると暗い印象になったり下品になったりするので、お店で良く相談にのってもらうと良いでしょう。

●ビジネスシーンにお薦めなのは、ストライプ、チェック、ドット(水玉 )などです。
その他には全体に柄が規則的に配置されたものなども良いでしょう。
特に新入社員の場合の目上の人との面談や、営業職の場合、あまり変わったデザインのネクタイはおすすめしません。

●ネクタイの形状にも流行がありますが、新入社員の皆さんは比較的流行に左右されないものを選ぶと良いと思います。
ポケットチーフ
  ●ここ数年、急にポケットチーフが普及してきました。シャツの色とコーディネイトするだけで簡単にお洒落が楽しめます。その日のネクタイに使われているの色の中から一色を選んで、その色のポケットチーフを用いるのも良いでしょう。

●シャツが柄物のときは、ポケットチーフはできるだけ無地か、細かい目立たない柄のものにすれば失敗はありません。シャツが無地で、ノーネクタイであれば、ポケットチーフも柄モノで楽しむこともできます。
  ●ビジネスシーンでは、黒または茶色の靴を履きます。靴下は必ず靴の色と合わせてください。白いソックスは不可です。
●新入社員の皆さんは、黒い靴(晴用、雨用)、茶系の靴の3足は最低限ほしいものです。同じ靴を毎日履かず、一日履いたら次の日は休ませるようにするのが長もちのコツです。茶色は、明るい色ではなく、暗い色調のものを選ぶと合わせやすいでしょう。
 職種が営業などの仕事で外勤が多い方の場合には、普通のビジネスシューズではなくウォーキングシューズ的なものを選ぶというのもおすすめです(但しデザインはスニーカー的なものではなく見た目はスーツとのコーディネイトに適した靴を選ぶようにしましょう)。
 
●ベルトの色は靴の色と合わせるようにすると失敗がありません。新入社員の方がベルトを新調する場合、最低限黒と茶を揃えます。

髪型・ヘアスタイル
  ●会社によって、髪型やカラーの許容範囲には差があると思います。

●一般的に金髪をはじめ、茶髪のうちでも派手なカラーはほとんどの職場で不可です 。 特に新入社員の場合は、黒のままが無難かもしれません。あまりにも長い髪も、お客様や取引先と接する業務の場合には難しいと考えた方が良いと思います。

●スーツの肩にフケが落ちているのは、誰が見ても不快なものです。
髪は清潔にし、毎朝必ず鏡を見るクセをつけてください。寝癖をなおし、必要な場合には整髪料を使うなどして髪を整えます。
 整髪料の香りが強すぎるのは嫌われますので注意してください。
  このページのTOPへ HOMEへ

■2. 男性の服装 バリエーション(男の服や持ち物 基本アイテム)

上記以外の項目についてご説明いたします。
男性 新入社員が揃えたい持ち物やアイテム
名刺入れ
  黒、茶系のいずれかが基本。できれば自分の名刺を入れるポケットと、先方から頂戴した名刺を入れるポケットが分かれているものを選ぶと良いでしょう。
名刺入れを通勤パスと兼用するのはおすすめしません。相手にも「兼用」がわかると見苦しいものです。ICパス入れは別のものにしましょう。
腕時計
  できれば、カジュアル用ではなくてスーツに合うデザインのものを一本は持ちたいもの。ベルト部分が皮革製なら、黒と茶系を揃えたいところです。ベルト部分がメタル系なら1本あれば可。
ビジネスバッグ
  A4の書類が入るサイズ。収納するポケットが沢山ついている方が使い勝手が良いでしょう。
大きくわけると、素材別に「ナイロン系」「皮革系」「メタル系」に分かれます。軽さや丈夫さを求めるならナイロン系、上質な感じは皮革系、こだわりが感じられるのはメタル系になります。皮革製は手入れが難しいのですが、使い込むと味わいがでてきます。デイパックは通勤には有りですが、営業に持参のするには不向きです。
いずれにしてもカラフルなものよりもスーツの色に合うものをおすすめします。
その他
  ●無精髭はきちんと手入れします。
ヒゲは伸ばすか剃るか、どちらかにします。新入社員の場合、一般的な職場では「きちんと剃る」方を推奨します。

●鼻毛、つめも忘れずにチェック(身だしなみ)してください。特に鼻毛のチェックは必須です。チェックを怠ると、男らしい顔の印象を最も下げることになります。

●筆者はリップクリームの使用もおすすめします。冬場、荒れた唇は不健康な印象を与えます。男性が使える無香料のものが沢山出ています。

●メガネは比較的自由にお洒落が楽しめるアイテムだと思います。例えば、スーツのときの眼鏡(知的でスタイリッシュなイメージ)と、カジュアルの時のメガネ(あたたかみのあるイメージや遊び心のあるもの)とは使い分けると良いでしょう。サングラスは新入社員はNGです。

●ハンカチはいつもアイロンがきちんときいた清潔なものを携帯するようにします。 トイレから戻って来てズボンに手をこすりつけるなんて、しないでくださいね。
  このページのTOPへ HOMEへ

■3.女性新入社員の服装

(女の身だしなみ、女性の服装…スーツ、髪型、靴、小物)

【女性 新入社員の身だしなみ】
▼新入社員の服装には、社会人としての身だしなみの基本的が含まれています。まずは、ビジネスシーンにふさわしい女性の身だしなみの基本をおさえてみましょう。

ビジネスシーンにふさわしい、女性の身だしなみの基本
1. 清潔感があること
2. 相手に不快感を与えないこと
3. 仕事がしやすいこと・動きやすいこと。
4. 相手に好感を持たれること、親しみやすい印象を与えること
5. 仕事のジャンルにふさわしいセンスを持っていることを印象づけること
  (例えばデザイン、ファッション関係の場合)

▼新入社員の場合には、上記の「基本的な身だしなみ」プラス以下のような気配りが求められます。

上記プラス、新入社員にふさわしい、女性の身だしなみの基本
6. 新入社員らしさ
7. 若々しさ

6.の新入社員らしさとは…ある程度の「きちんとした感じ」のことをさします。くだけ過ぎた着こなし、派手すぎるお化粧などは、新入社員にはふさわしくありません。
例えば制服がある職場の場合でも、髪型、髪色、化粧(マスカラの使い方や、口紅のカラー)、メガネなどのアイテムには、節度のある新入社員らしさが求められると思います

・7.の若々しさとは…カラー、色づかいのことをさします。地味すぎる色合わせ、渋すぎる色合わせよりも、白、ブルー、グリーン、ピンク、パープル、オレンジなどの“春色”を節度を持って上手にコーディネイトしてください。
 若いからといってスカート丈を短くしたり、肌を露出するのは、職場ではNGです。まわりの人に不快感を与えないよう、また、仕事がしやすく動きやすいように、節度のあるおしゃれを心掛けてください。  

1.ビジネスシーンにふさわしい服装(女性・女)
[制服がある職場]
きちんとアイロンをかけた制服、ブラウスを着用する
いつも清潔な服装を心掛ける

★下記は、先輩社員を見た上で、ぜひトライ
 ●例えば スカーフの結び方を工夫する等、個性を出してみるのも良い。
 ●ヘアアクセサリーなど、アクセサリーと制服の一部をカラーコーディネイトする。

[私服の職場]
あくまでも仕事の場での服装なので、華美になりすぎないように注意する。
就業時間のあとで私用の予定がある場合でも下記のような工夫を。
1.着替える
2.ジャケットを着用し、勤務中は仕事にふさわしい服装にする
3.勤務が終了してからイヤリングを変える、アクセサリーのアレンジを変える、スカーフを使う


その他に、私服の職場での服装選びのポイントを下記に紹介します。
私服はあなたの個性を演出する大事なアイテムですが、清潔感が何よりも大切です。華美になりすぎないようにしましょう。
営業的なお仕事の場合
  ●社外の人と接する機会が多い場合には、あなたの印象(身だしなみ等)が会社の印象を決めます。スーツ、ジャケット+スカート、ジャケット+パンツを基本にします。

●商談をする相手の年齢や性別によって、服装の意味合いが変わってきます。「仕事ができそうな装い」「親しみやすい印象の装い」など、使い分けて下さい。

● 客先との面談も二回目以降の面談であれば、相手の役職や取引・おつき合いの内容や年齢に合わせてシャツ+パンツ、ブラウス+スカートなど、季節に合わせたお洒落でも良いでしょう。肌の露出の多いものはNGです。

●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。

●素足(生足)は避け、ストッキングの色や柄もビジネスシーンにふさわしいものを心掛けましょう。
事務的なお仕事の場合
  ●新入社員の場合は、入社してからしばらくはスーツ、ジャケット+スカート、ジャケット+パンツを基本にします。大切な会議や、重要な顧客と合う時にもきちんとした服装があなたの印象をアップさせます。
 制服着用の職場の場合でも、新入社員の皆さんはしばらくの間は通勤着も無難なものにした方が良いでしょう。  例えば、朝夕の通勤時に挨拶を交わしたり、サプライズで職場の歓迎会のプランがあったとしてもあなたの私服をみて職場の皆さんが好感を持つはずです。

●夏が近付いてくる頃には、上記の服装にとらわれずに、ブラウス+スカート、シャツ+パンツ、ワンピースなども取り入れていきましょう。肌の露出の多いものはNGです。エアコンのききすぎのオフィスが多いので、カーディガンなどのはおるものを常備しておく女性が多いのですが、カーディガンも職場での装いらしくシンプルなものが好感をもたれます。
  空調は男性の服装を基本にしているため、暑いとき、寒いときに調整がきく服装が良いですし、職場用に、カーディガンやひざかけなどを用意するのも良いと思います

●おじぎをしたときに胸が大きく開いてしまうようなデザインもNGです。また、ノースリーブもあまり好ましくありませんし、タンクトップなどは必ずジャケットやカーディガンをはおるようにします。

●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。

●ストッキングの色や柄もビジネスシーンにふさわしいものを心掛けましょう。 素足(生足)は基本的にはおすすめしませんが、職場によってはOKのところもあるようです。先輩女性たちの服装を見て判断してみてください。

●ミニスカートや短パンは原則として不可です。

●パンツ類のうち、ジーンズについては、きちんとしているものなら「可」のケースが多くなってきているようです。上半身に襟のあるものを着用するだけでもぐっと印象が違ってきます。ジーンズに穴を空けたり、脱色したり、ダメージ加工の強すぎないものが良いと思います。ただし、初めて着用する前には、先輩女性たちの意見を聞いたり、先輩女性たちの服装を見て判断してください。

●派遣などで働く場合には、派遣先の職場の雰囲気に合うことが大前提です。ブラウス+スカート、シャツ+パンツにジャケットを合わせる等、きちんとした服装が好ましいと思います。心配な場合には最初の打合せの時にある程度質問しておくことをおすすめします。
クリエイティブなお仕事の場合
  ●一般的にクリエイティブなお仕事の場合には、服装の自由度が高い職場と言えます。とはいえ、他の人に不快感を与えない服装を心掛ける必要があります。先輩女性たちの服装を見て判断してみてください。

●肌の露出の多いものはNGです。おじぎをしたときに胸が大きく開いてしまうようなデザインもNGです。また、ノースリーブもあまり好ましくありませんし、タンクトップなどは必ずジャケットをはおるようにします。

●空調は男性の服装を基本にしているため、暑いとき、寒いときに調整がきく服装が良いでしょう。職場用に、カーディガンやひざかけなどを用意するのも良いと思います

●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。

●ミニスカートや短パンは原則として不可です。
  このページのTOPへ HOMEへ
2. 新入社員が最低限揃えたい服やコーディネイト  女性
(1)おすすめはダークグレー(濃いグレー)、黒
  ●新入社員の皆さんが最初にスーツを2着だけ揃えるのなら、濃いグレーと、黒の2着をおすすめします。シャツのコーディネイトもしやすく、知的な印象や落ち着いた印象を与えます。

● 新入社員が選ぶのなら、スーツの色は明るい色よりもなるべく濃い色、暗い色を選ぶことをおすすめします。できればシワになりにくく、ある程度高級感のあるウール素材のものを選ぶようにしてください。スカートとパンツの両方をそろえると更にコーディネイトが広がります。
 
●入社後、2ヶ月もすれば初夏です。白、ベージュ、ピンク、紺、ブルーなどのジャケットも一つづつ揃えていきます。

●季節に合わせた装いと、色づかい、そして温度調節ができる服装が良いと思います。
(2)靴は用途に応じて歩きやすいものを着用する。また、大きな音がするものはNG。
  ●ミュールのように、カンカンと音がする靴は不可です。もし通勤時にミュールを履く場合には、職場では履き替えると良いでしょう。あくまでも仕事のしやすい靴が良いと思います。
  社内履きを用意している女性は結構多いと思います(雨天や雪の日に長靴で出社したときなども重宝します)。社内履きも、歩く時に音が大きく出るものは避けましょう。

●営業職の場合、車なら運転のしやすい靴を。徒歩の場合には、歩きやすい靴がおすすめです。
(3)髪型・ヘアスタイルは、仕事の内容に合わせる。
  ●会社によって、髪型やカラーの許容範囲には差があると思います。

●一般的に金髪をはじめ、茶髪のうちでも派手なカラーはほとんどの職場で不可です 。 特に新入社員の場合は、黒またはナチュラルなカラーにします。また、仕事の時に邪魔になるような髪型はあまり好ましくありません。部分的にまとめたり、軽くアップにしたり、ヘアアクセサリーを使って工夫して下さい。

●スーツの肩にフケが落ちているのは、誰が見ても不快なものです。
髪は清潔にし、毎朝必ず鏡を見るクセをつけてください。寝癖をなおし、必要な場合には整髪料を使うなどして髪を整えます。香水の香りが強すぎるのはNGです。
(4)アクセサリーは控えめに。ネイルも注意が必要。
  ●ファッション関係や、デザイン関係の仕事以外は、派手なアクセサリーはNGです。どうしてもつけたい場合は、通勤時やアフタータイムだけにしましょう。

●イヤリングやピアスも、 控えめなものを。

●指輪はパソコン操作の際に目立ちますし、お茶を入れたり、お茶を出したり、お湯のみを洗ったりといった新入社員につきもののいろいろな作業の際に邪魔になったり、失くしたり、傷をつけたりする原因になります。つけないか、最低限のものにすることをおすすめします。

●ネイルについても同様の理由で、あまりおすすめしません。とくにキーボード操作に邪魔になるようなものは、付けない方がよいでしょう。どうしてもつけたい場合は、しばらくは先輩の女性社員の指元を観察し、無難なものからトライしてみましょう。
(5)お化粧は、顔色を明るく。口紅は赤すぎないものを。
  ●若々しい肌色を活かした明るく健康的なお化粧を心掛けます。濃いマスカラは職場ではNGです。
口紅の色は赤すぎるものは老けた印象を与えるようです。日本人の肌に合うサーモンピンク系を中心に、清楚なイメージになるように心掛けましょう。
  このページのTOPへ HOMEへ

■4. 女性の服装 バリエーション(女の服や持ち物 基本アイテム)

上記以外の項目についてご説明いたします。
女性 新入社員が揃えたい持ち物やアイテム
名刺入れ
できれば自分の名刺を入れるポケットと、先方から頂戴した名刺を入れるポケットが分かれているものを選ぶと良いでしょう。
名刺入れを通勤パスと兼用するのはおすすめしません。相手にも「兼用」がわかると見苦しいものです。ICパス入れは別のものにしましょう。
女性の場合、名刺入れのカラーは比較的自由に選ぶことができます。
腕時計
女性の場合、腕時計も比較的自由です。服装に合わせてコーディネイトしてください。
ビジネスバッグ
通勤時にビジネスバッグを使う女性が増えています。
もし、通勤バッグと兼用にする場合には、収納するポケットが沢山ついている方が使い勝手が良いでしょう。マチの広さ、収納力をよく見て選んでください。下記の点をチェックすると良と思います。
 ・資料のA4の書類ファイルが入るサイズ。
 ・貴重品を入れるファスナー付きのポケットがついているもの。
 ・定期入れ、ICパスの出し入れしやすいポケットのあるもの。
 ・携帯電話の出し入れがしやすいポケットのあるもの。
 ・名刺入れの出し入れしやすいポケットのあるもの。
 ・頻繁に出し入れするもの用の出し入れしやすいポケットがあるもの。

バッグと資料入りバッグを分けて持つ場合には、資料入れバッグはビジネスライクな無難なものを選びます。最近は資料入れも兼ねたビジネスバッグを、通勤バッグと兼用にする女性が増えているようです。
その他
●ハンカチはいつもアイロンがきちんときいた清潔なものを携帯するようにします。タオル地のものを愛用している人もいます。