社会人の基本マナー「職場での服装」

身だしなみの意味=身だしなみとは単なる服装ではなく、身につけておくべき教養や趣味といった意味と、相手に不快感を与えない服装、場所や立場・地位 にふさわしい服装といった意味があります。
このページではビジネスシーンにふさわしい男性の服装について説明します。服装選びのポイントとしては、清潔感があり仕事がしやすいといった基本があります。新社会人の方、転職を考えている方、インターンシップの予定がある方、どうぞ参考になさってください。
………このページの内容………
1. オフィス・職場での男性の服装
2. クールビズ、ノーネクタイ
3. 男性のお洒落・身だしなみについて。
※面接のマナーと心得は別ページで>>>

■1.オフィスでの男性の服装(男の身だしなみ)

ビジネスシーンにふさわしい、男性の身だしなみについて説明します。
基本は以下の3つと心得てください。
 1. 清潔感があること
 2. 相手に不快感を与えないこと
 3. 仕事がしやすいこと・動きやすいこと。
・ひとくちに男性の服装と言っても、クリエイティブな仕事、営業的な仕事、事務的な仕事、人と接する仕事など、仕事の内容によってさまざまです。

・下記にビジネスシーンにふさわしい服装の具体例をあげてみました。記載しているのはほんの一例で、基本的には一般 企業での仕事を想定しています。

・介護の仕事、子どもと接する仕事などの場合、動きやすい、明るい色づかい、汚れても良い洗濯しやすい素材、などがふさわしくなるでしょう。

・また、制服がある職場や業務の場合は、通勤時と勤務時とで服装を着替えるため、通 勤時の服装に関しては比較的自由がきくと考えられます。
 
・ワンポイントビジネスマナー(オフィスでの接客)……職場(オフィス)でデスクワークをしているときに来客があったら、必ず上着を着て面談するのがマナーです。ワイシャツ姿でデスクワークをしている光景は良く見かけますが、来客の知らせを聞いたら上着を着てから接客しましょう。相手を迎えるときには、上着のボタンを必ず一つ以上とめておきます。
ビジネスシーンにふさわしい服装
基本となる服装
  ●社外の人と接する機会が多い場合には、あなたの印象が会社の印象(身だしなみ等)を決めます。スーツ、ワイシャツ、ネクタイ、革靴を基本にします。

●上着やズボンのしわをチェックし、きちんとアイロンまたはプレスをするだけであなたの印象がかなり変わって来ます。
同じスーツを連続着用するとスーツの形がくずれやすいので、一日着用したらきちんと肩に丸みのあるハンガーにかけておきましょう。

●ズボンのすそ丈は、靴の甲にのり、少したるみが残るくらいの長さに調節します。ショップで相談にのってもらうときには、普段履く靴のかかとの高さに合わせてください。
靴下
  ●白いソックスはNGです。スーツの色、靴の色に合わせてダークカラー(グレー、紺、黒、茶系など)の靴下を履きます。

●靴下に穴があいていたり、かかとがうすくなっていたりしませんか?周りの人は結構あなたのことを見ています。出かける前には必ず身だしなみのチェックしましょう。
ワイシャツ
  ●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとクリーニング(またはアイロンかけ)したものを着用しましょう。
サイズをきちんと計り、身体に合ったものを身につけてください。

●正式なお洒落の場合のワイシャツの色は白です。
ブルーは男らしさや精力的なイメージ、ピンクはお洒落なイメージがあります。
その他にもグレーをはじめ各種のカラーがあります。ネクタイとコーディネイトしてください。
  ストライプのシャツは若々しさと知的なイメージがありますが、派手で目立つストライプのシャツの着用は人によってはイメージを損なうおそれがあり、注意が必要です。水玉模様のシャツはドレッシーなイメージがあります。水玉模様を着用する場合についても、派手なものは避け、控えめなものをおすすめします。

●ネクタイの中のカラーを1つ選び、シャツと合わせるとコーディネイトが簡単にできます。
ネクタイ
  ●ネクタイの中のカラーを1つ選び、シャツと合わせるとコーディネイトが簡単にできます。

●ビジネスシーンにお薦めなのは、ストライプ、ドット(水玉)などです。
チェックや、全体に柄が規則的に配置されたものなども良いでしょう。
特に新入社員の場合の目上の人との面談や、営業の業務の方などの場合、あまり変わったデザインのネクタイはおすすめしません。

●ネクタイの形状にも流行があります。太さ、剣先の角度、大きさ、厚さなどが少しずつ異なります。結び目の大きさが異なってきますので、店頭や雑誌などでチェックしても良いでしょう。(筆者は個人的にはあまり流行の最先端を追うのはおすすめしません。ネクタイも結構高額ですし、比較的流行に左右されないものを選ぶと良いと思います。)

●ネクタイを結ぶときのコツは、ベルトのバックルがネクタイの先で隠れるくらいの長さをめやすにして結んでください。
ポケットチーフ
  ●ここ数年、急にポケットチーフが普及してきました。シャツの色とコーディネイトするだけで簡単にお洒落が楽しめます。おすすめはその日のネクタイに使われているの色の中から一色を選んで、その色のポケットチーフを用いるのも良いでしょう。

●シャツが柄物のときは、ポケットチーフはできるだけ無地か、細かい目立たない柄のものにすれば失敗はありません。シャツが無地で、ノーネクタイであれば、ポケットチーフも柄モノで楽しむこともできます。
  ●ビジネスシーンでは、黒または茶色の靴を履きます。靴下は必ず靴の色と合わせてください。白いソックスは不可です。

●ホテルなど、接客業の人は、お客様の靴をみてその人の格を判断する、と良く言われます。きちんと磨いて手入れをしておくこと、同じ靴を連続してはかないこと、だらしない靴を履かないこと、この3つを守るだけで、ずいぶんあなたの印象が異なってきます。
 
クリエイティブな仕事の場合
  ●一般的にクリエイティブな仕事の場合には、服装の自由度が高い職場と言えます。とはいえ、他の人に不快感を与えない服装を心掛ける必要があります。

●襟や袖口は清潔なものを。また、きちんとアイロンがけ(またはクリーニング)したものを着用しましょう。
  このページのTOPへ HOMEへ

■2. クールビズ、ノーネクタイについて

最近は、ノーネクタイ、クールビズといった服装もずいぶん浸透してきました。とはいえ、あまりにもだらしない服装は禁物です。
基本はやはり以下の3つと心得てください。
 1. 清潔感があること
 2. 相手に不快感を与えないこと
 3. 仕事がしやすい・動きやすいこと。
ビジネスシーンにふさわしいクールビズ、ノーネクタイとは?
基本となる服装
  ジャケット+パンツを基本とします。新入社員の君は、先輩男性たちの服装を見て参考にしてみてください。

●ビジネスシーンにおけるクールビスに迷った場合、最も簡単なポイントは、「襟のついたシャツを着用すること」です。わかりやすい例をあげると、襟のないTシャツはポロシャツよりもぐっとくだけた感じになりますよね。とはいえ、襟さえ有れば良いだろうとゴルフウエアみたいな服装で職場に通 うのはあまり感心しません。
Tシャツが許されている職場の場合、同じTシャツでも、例えば首がV字にあいたの無地のものをジャケットと合わせると、それほどくだけ過ぎの印象にはなりません。

● ジャケットは何着も用意するのは大変ですので、無地の紺、サックスなど合わせやすいものを数点だけお持ちになってはいかがでしょうか。

●ジーンズについては、きちんとしているものなら「可」のケースも多くなってきているようです。ジーンズに穴をあけたり、脱色したり、ダメージ加工の強すぎないものが良いと思います。ただし、初めて着用する前には、先輩男性たちの意見を聞いたり、服装を見たりして判断してください。

●職場でジーンズが禁止されていたり、「ジーンズではちょっとくだけ過ぎで心配」という方にはチノパンをおすすめします。上半身とコーディネイトしやすいカラーのパンツが多く、ウエスト周りの気になる方にも、スリムな方にも、いろんなデザインのものが出ています。
 
シャツ
  ●ノーネクタイのときにおすすめなのが、「襟の高いデザインのワイシャツ」…ご存じの方も多いと思います。ネクタイをつけなくても、襟元の形がくずれないので、ノーネクタイのときにもピシッと襟元が決まります。Vゾーンが決め手ですから、ボタンは一番上をあけてください。
 首元にボタンが2つついたものもあります。このタイプは襟がさらに高くなるため、ボタンをあけたときの襟元がいっそうキレイです。

●初めてノーネクタイを着る方におすすめなのが、ボタンダウンのシャツです。一番上のボタンをはずしたときに、襟の形もくずれませんし、首周りもきれいです。カラーも多様ですし、ストライプのシャツなどは清潔感もあります。

●汗をかく季節にはおすすめの、ノーアイロンのシャツも多く出回っています。毎日自宅で洗濯ができます。

●少しお洒落にしたいなら、クレリックシャツというのもあります。このシャツは「着こなしが苦手」という人にはおすすめしません(筆者の個人的な意見です)が、上品でお洒落なイメージがあります。クレリックシャツは襟と袖だけが白色のシャツです。ボタンを1つはずすためにも、やはり襟高のタイプを選ぶと良いでしょう。

●基本は、清潔、きちんとアイロンがかかっていることです。だらしない印象にならないようにしましょう。
  ●靴の色はベルトの色と合わせると失敗が少ないでしょう。サンダル履きは絶対に不可です。

●男も女も性別に関係なく汚れた靴は最もマイナスイメージがあります。 きちんと磨いて手入れをしておくこと、同じ靴を毎日連続してはかないこと、だらしない靴を履かないこと、この3つを守るだけで、ずいぶんあなたの印象が異なってきます。
※クールビズと言えば…エアコンの省エネと停電対策はこちら>>>
  このページのTOPへ HOMEへ

■3. 男性のお洒落、男の身だしなみについて

上記以外の項目についてご説明いたします。
ビジネスシーンに合う靴、バッグとビジネスマナー
髪型・ ヘアスタイル
  ●会社によって、髪型やカラーの許容範囲には差があると思います。

●一般的に金髪をはじめ、茶髪のうちでも派手なカラーはほとんどの職場で不可です 。 自然な髪色ならOKでしょう。

●あまり長い髪も、お客様や取引先と接する業務の場合には難しいと考えた方が良いと思います。

●スーツの肩にフケが落ちているのは、誰が見ても不快なものです。
髪は清潔にし、外出時または毎朝必ず鏡を見るクセをつけてください。寝癖をなおし、必要な場合には整髪料を使うなどして髪を整えます。
 整髪料の香りが強すぎるのは嫌われますので注意してください。
 
その他 (チェックポイント)
  ●無精髭はきちんと手入れします。
ヒゲは伸ばすか剃るか、どちらかにします。一般的な職場では「きちんと剃る」方を推奨します。

●鼻毛、つめも忘れずにチェック(身だしなみ)してください。特に鼻毛のチェックは必須です。チェックを怠ると、男らしい顔の印象を最も下げることになります。

●筆者はリップクリームの使用もおすすめします。冬場、荒れた唇は不健康な印象を与えます。男性が使える無香料のものが沢山出ています。

●メガネは比較的自由にお洒落が楽しめるアイテムだと思います。例えば、スーツのときの眼鏡(知的でスタイリッシュなイメージ)と、カジュアルの時のメガネ(あたたかみのあるイメージや遊び心のあるもの)とは使い分けると良いでしょう。濃いサングラスは職場ではNGです。

●腕時計は、節度のある範囲の中で、いろんなものを着用できます。「超」のつく高級品は安全上の面 からも職場に持込むのはあまり好ましくありません。腕時計も、スーツの時とカジュアルの時と使い分けるようにするとお洒落だと思います。

●カフスボタンは、ワンランク上のお洒落だと思います。ある程度の年齢になったら、カフスボタンにも挑戦してみてください。腕時計とコーディネイトすると非常にきれいです。

●その他…あまり神経質になるのもどうかとは思いますが、汗かきの人は職場の女性たちから敬遠されることもあるかもしれません。清潔な衣類を身につけるだけでもOKとは思いますが、気になるようでしたら制汗スプレーなど、試しに利用してみるのも良いかもしれません。
香水については、強すぎる香りはマイナスイメージがありますので、もしも使用する場合は注意してください。
・ワンポイントビジネスマナー……職場(オフィス)でデスクワークをしているときに、来客があったら、必ず上着を着て面談するのがマナーです。ワイシャツ姿でデスクワークをしている光景は良く見かけますが、来客の知らせを聞いたら上着を着てから接客しましょう。相手を迎えるときには、上着のボタンを必ず一つ以上とめておきます。
  このページのTOPへ HOMEへ