結婚式謝辞・披露宴謝辞(父親)

新郎の父の結婚式謝辞・披露宴謝辞とは、両家を代表して結婚式の際、披露宴で新郎の父親が出席者や来賓、友人へのお礼および、親としての感謝の言葉を述べることをさします。結婚祝いの席に集まって下さったことへのお礼と、式場/会場スタッフへのねぎらい、新郎新婦に対して今後の支援をお願いする言葉などを述べます。
挨拶の時間の目安は>3分程度です。結婚式・披露宴の新郎の父の謝辞の文例・例文を掲載し感動的な演出にオススメのBGM曲名を紹介します。
このページの内容
1.結婚式 披露宴 両家を代表して行う 新郎父の謝辞に盛り込む内容
2.結婚式 披露宴 新郎父の謝辞の時間・長さは?
3.結婚式 披露宴でする新郎父の謝辞 例文・文例
4.感動の演出のために、ワンポイント
[ 参考ページ ]
・結婚式 披露宴での新郎謝辞はこちら>>>

1.結婚式 披露宴 両家を代表して行う 新郎父の謝辞に盛り込む内容

新郎の父親が述べる謝辞・挨拶には以下の内容を盛り込みます。
「謝辞」とはお礼の挨拶という意味です。息子夫婦の結婚にあたり、披露宴に集まって下さった色々な方へのお礼や感謝の言葉を父親としての立場から述べます。
(1)出席者へのお礼
(2)(できれば)式場スタッフへのお礼
 {(2)は必須ではありません。}
(3)今後についてのお願いなど


下記で詳しく見てみましょう。
新郎父の謝辞に盛り込む内容をリストアップ
(1)出席者へのお礼
忙しい中、時間を作って出席してくれたことに対するお礼を述べます。
(2)(できれば)ウェディングプランナーや式場スタッフへのお礼
 {(2)は必須ではありません。}

結婚式・披露宴のプランを考えるにあたり世話になったウェディングプランナーや、式場スタッフなどにもお礼を述べます。
(3)今後についてのお願いなど
親の立場から、新郎新婦へのご支援、ご指導のお願いなどを述べます。

2. 結婚式 披露宴 新郎父の謝辞の時間・長さは?

新郎の父の謝辞・挨拶の時間の目安はおよそ3分程度です。
 披露宴は全体の長さ(時間の長さ)が決まっています。一般的な披露宴では余興も含めて、およそ2時間半(長くても3時間程度)をめどに 会場を予約します。
 新郎新婦入場と花嫁のお色直しや、キャンドルサービスなどの催し等もありますし、食事・歓談タイムも確保しなくてはなりません。慌ただしい印象を与えないためにも、祝辞や余興は全体の時間の1/3程度におさまるようにします。

 150分の披露宴のうち、1/3程度(つまり50分)の時間で8人〜10人で祝辞を述べたり余興をしたりするので、持ち時間は一人あたり5〜6分です。マイクまで歩み出る時間を含みます。
 父親の謝辞・挨拶は、基本的にはお礼の言葉と今後の支援やご指導のお願いとなります。主役の新郎が述べる挨拶よりも長いのはもちろんNGですし、マイクまでの移動時間を含めて皆さんと同程度の長さ(5〜6分)でおさまるようにします。

 挨拶、謝辞を述べる時には意識してゆっくり語るようにするのがコツです。原稿を作ったらひととおり読んで、タイムを計ってみると良いでしょう。長くても原稿用紙3枚以内でおさめるようにします。

3.結婚式 披露宴でする新郎父の謝辞 例文・文例

それでは下記に新郎の父の謝辞・挨拶の例文・文例をご紹介します。
文中で、以下の内容を色分けします。
  (1)出席者へのお礼 
  (2)できれば…式場スタッフへのお礼
   ((2)は必須ではありません)
  (3)今後についてのお願いなど 
結婚式 披露宴 新郎父親の謝辞
文例・例文 1
当日のアドリブ・ヒント
冒頭の「本日はお忙しい中」という部分については、もし披露宴の当日のお天気が雨なら、「本日は足元のお悪い中、息子夫婦の結婚披露宴にご出席頂きましてありがとうございました」のように、一言天候にふれましょう。
 天候以外にも、「残暑厳しい中」などと気候にふれることもあります。

新郎の父でございます。
本日はお忙しい中、息子夫婦のためにお集まり頂きまして誠にありがとうございました。また、ただいまは(仲人様ならびに)ご来賓の皆様をはじめご列席の皆様より温かいお言葉を頂戴し、厚く御礼申し上げます。》一礼をする

本日のこの席を盛り立てて頂いている式場スタッフの皆さんにも改めて感謝申し上げます。》←省略可能

 ここ数年、私どもも心の内では息子の結婚を待ち望んでおりましたが、本人がなかなか口に出さないもので、女房などは何かにつけて心配をしておりました(笑)。 そんな中でこのたびのご縁がまとまってからは家族一同本当に幸せで、この上ないご縁を頂いたと心から有難く思っております。また、本日皆様から多大なるお励ましを頂き、親として感謝の念に堪えません。

 晴れて夫婦となりました◯◯と◯◯ではございますが、これから先、皆様のお力をお借りし、ご指導を仰ぐ機会が多々あるかと存じます。
どうか今後も二人への厳しくも温かいご支援・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

本日はお忙しい中をご臨席賜りましてまことにありがとうございました。

注意:
・仲人なしの場合には、冒頭の仲人の箇所はカットして下さい。

・文中後半の「◯◯と◯◯」の部分には新郎と新婦の名前が入ります。〜くん、〜さんなどはつけません。
結婚式 披露宴 新郎の父 謝辞
文例・例文 2

新郎の父でございます。
本日はお忙しい中、息子夫婦のためにお集まり頂きましてありがとうございました。また、ただいまは(仲人様ならびに)ご来賓の皆様をはじめご列席の皆様より温かいお言葉を頂戴し、厚く御礼申し上げます。》一礼をする

式場スタッフの皆さんにも改めて感謝申し上げます。》←省略可能

 先程から皆様に頂くご祝辞を拝聴し、息子夫婦は皆様に祝福して頂いて本当に幸せだと、親として感慨もひとしおでございます。

晴れて夫婦となりました◯◯と◯◯ではございますが、どうか今後も二人への厳しく、そして温かいご支援・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

本日は本当にありがとうございました。

注意:
・仲人なしの場合には、冒頭の仲人の箇所はカットして下さい。

・文中後半の「◯◯と◯◯」の部分には新郎と新婦の名前が入ります。〜くん、〜さんなどはつけません。
結婚式 披露宴 新郎の父 謝辞
文例・例文 3

新郎の父でございます。
本日はお忙しい中、息子夫婦のためにお集まり頂きましてありがとうございました。また、ただいまは(仲人様ならびに)ご来賓の皆様をはじめご列席の皆様より温かいお言葉を頂戴し、厚く御礼申し上げます。》一礼をする

式場スタッフの皆さんにも改めて感謝申し上げます。》←省略可能

 こうして二人の幸せそうな顔を見ていると、本当にご縁の不思議さと深さを感じております。親の目から見るとまだ世間知らずの部分ばかりが目につき、心配の種はつきませんが、皆様のお力を頂戴し、なんとか一人前の夫婦になっていってくれればと思っております。
どうか今後も二人への厳しく、そして温かいご支援・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

本日はまことににありがとうございました。

注意:
・仲人なしの場合には、冒頭の仲人の箇所はカットして下さい。
▲PAGE TOP

4.感動の演出のために、ワンポイント

結婚披露宴を一生の思い出にするための一工夫やワンポイントをご紹介します。
感動の演出 ワンポイント
BGM・曲

お気に入りの曲をBGMにするカップルは多いのですが、意外と選曲が難しいもの。
例えば新郎新婦入場のとき、新郎新婦がテーブルをまわって挨拶するとき、食事や歓談のとき、花嫁の手紙のとき…など、それぞれのシーンにふさわしい曲があります。ビアノなどの生演奏のBGMを依頼したり、プロまたはセミプロに音響演出を依頼するのもオススメです。
挨拶する人の語り口や会場の感情の盛り上がりに合わせて演奏家がその場で生演奏を盛り上げたり、演出家は曲調が感動的に盛り上がるものなど、ベストなものを選んでくれます。

▼新郎の父の謝辞のBGMで、おすすめ&人気のある定番の曲名/例は以下のとおり
・BGMなし(両家代表の謝辞なので、きちんとした形にこだわる場合はBGMなし)
・糸 中島みゆき(オルゴールバージョン)
・ハナミズキ 一青窈(オルゴールバージョン)
・未来予想図 DREAMS COME TRUE(ドリカム)(オルゴールバージョン)
・ヒーリング用ピアノ曲

謝辞を述べるシーンなので静粛な印象をこわさないようにします。ボリュームは控えめにし、アップテンポの曲も避けます。

会場全体が耳を傾けてくれるという効果があるため、オルゴール曲のBGMも人気です。

新郎からの謝辞

※新郎の謝辞の参考文例はこちら>>>